女装サロンで女装体験をしてみた。似合う、似合わないを自分で決めずまずは体験を

女装サロンで女装体験をしてみた。似合う、似合わないを自分で決めずまずは体験を

僕は女装については完全に初心者です。
メイクにしてみても本を参考にしてやっているだけです。

メイクは肌の質、色、顔の形によってやり方を変えないと駄目なことは知っていますし、自己流かつたまにメイクするぐらいでマスターできるとは思っていません。
でも女装を楽しんでおられる方のブログやツイッターを見ていると「僕ももっと女装を楽しんでみたい」という欲求が高まってきました。
そこで思い切って女装メイクをしてくれる女装サロンに足を運んでみました。

※このお店は風俗店ではないという点と、女性スタッフが多くてアダルトブログに載せないほうがいいかなと思ったのでお店の名前は伏せておきます。

10年前の女装サロン体験から女装に強く興味を持ち出した

実を言うと女装サロンには10年ほど昔に行ったことがあります
その頃は女装にちょっと興味を持ちだしたころでメイクを自分でしたこともなかったですし、実家に居たので下着を隠し持っている程度のものでした。

女装サロンに行ったのはいいのですがメイクにどれだけ時間がかかるのかも知りませんでしたので、受付時間ぎりぎりぐらいで行ってしまいました。
短時間だったので化粧をしてもらう→写真を撮ってもらう→メイクを落として終わりみたいな流れ作業的な感じでした。
でもその経験以降、女装に強く興味を持ち出しました。
(ちなみにその女装サロンはもうなくなっているみたいです)

女装サロンで女装体験をしてみた。似合う、似合わないを自分で決めずまずは体験を

まずはカウンセリングと服選びから

今回のお店はネットで見つけたお店です。
風俗店では無く、あくまで女装メイクをしてくれるサロンです。
とても愛想がよく、女装を気軽に楽しんで欲しいというオーラが満ち溢れているようなホンワカした女性に担当していただきました。

まずは少しお話をして女装歴だったり、どういう服装やどういうメイクがしたいのかを聞かれました。
女装はほとんど経験がなく、メイク道具も安いものをいくつか持っている程度だと伝えると、よくあるケースなのか笑顔で「分かりました」と言ってくださいました。

「どういう服装をしてみたいですか?」と言われても女性の服のジャンルって伝えづらいので、ハンガーにかかっている服を一緒に見ながら選びました。
少しフェミニン?な感じのワンピースを選び、下着、シリコンバスト、ストッキングを渡されて別室で着替えました。

シリコンバスト

今回は予約の時点で手ぶらでいいと言われたので何も持ってこなかったのですが下着や服は持ち込みOKだそうです。
好みの服を持っていけばその服に合わせたメイクもして貰えるそうで、次はそうしようと思いました。

というわけで着替えが終わり、いざメイクをしてもらう時間です。
この時点で首から下は女性ものを身に着けているものの、顔から上は完全に男。
「首下女装」状態なのでかなり恥ずかしかったです。

髭隠しには「三善のグリースペイント」

まずは洗顔、そのあとに丁寧に化粧水をつけてもらいメイクをして貰いました。
やっぱり気になる点は青髭です。
僕はヒゲが太いのでちゃんと剃っても髭の跡が残りますし、自己流で化粧をしても髭の跡が消えないので女装をあきらめていました。

でも「ヒゲが濃くて~」という話をすると「大丈夫です。消します。絶対に消えます」と力強いお言葉。
使用していた化粧品は「三善のグリースペイント」でした。

女装系メイクの本にもよく載ってるのでご存知の方も多いと思いますし僕も1つ持っているのですが、ポイントはそのカラーだったようです。
今回使用したのは「26P」というカラーでした。
髭は青いので補色であるオレンジっぽいカラーだと消えやすいようです。

僕が持っているのは「27」っていう肌色に近いカラー。なるほど消えづらいわけですね。

三善のグリースペイント

そのあとは「今から○○していきます」「次は○○します」と、化粧の手順を説明して貰いながらメイクして頂きました。
アイメイクをしっかりすると可愛くなりますよと言って頂いたのでしっかりめにアイメイクをして貰いました。

メイクが終了したら次はウィッグ。
ゆるふわ系の長めのウィッグは誰でも可愛くなる鉄板のウィッグだそうでそれを選びました。

服装とメイクで男から女にスイッチが切り替わる

担当の方に「はい終わりましたよー。すっごく可愛くできましたよ!」と自信満々の声。
鏡を見ると…おお!髭もまったく分からないし女の子!

「女装をするとみんな仕草も女の子になっちゃうのが不思議ですね」と言われましたが、確かにスカートを履いていると自然に内股になったりと仕草が変わりますね。
服装とメイクで男から女にスイッチが切り替わるんでしょうか。

女装サロンで女装体験をしてみた。似合う、似合わないを自分で決めずまずは体験を

そのあと写真を撮ってもらったのですが、写真撮りなれてないから写真を見たら表情がめちゃくちゃ固い!
ツイッターやブログに可愛い写真を載せている女装子さんたちって、表情やポーズも色々研究してるんだなと感じました。

似合う似合わないであきらめる前にまずしっかり努力しないと駄目だなあと。
ツイッターで「化粧前の男顔アップします」って言って載せてる人もいるのですが、女装後の姿じゃ想像できないぐらい完全に男顔の人とかもいますしね。

今回の女装サロンでの体験は本格女装への入り口。
そこからどう進むかは自分次第なんだなあと感じました。

女装に興味があるならひとまず体験を。似合わないからと決めつける前にまずはプロにお任せ

時間が来たので丁寧にメイクオフして貰い、魅惑の女装体験は終了しました。
担当の人が女装メイクを楽しんでやってくださってる感じが伝わってきたので、最後まで楽しめました。
こういった女装サロンは結構あるみたいで、若い人よりも年齢が高めの人が多いとのことでした。
「女装したいけど似合わないから…」とか「もう若くないので…」と自分でハードルを作っている人はひとまず体験してみるのはどうでしょうか?

ちなみに後日、グリースペイントや教えて頂いた化粧品を購入し、自宅で女装してみました。
して頂いたときみたいに上手くはいきませんが、少しずつ練習していこうと思います。
ただやっぱり髭は濃いので脱毛してせめて薄くしたいなあと思う今日この頃でした。