ドライオーガズムを目指す時は乳首を刺激したほうがいいのですか?(ドライオーガズムQ&A)

ドライオーガズムを目指す時は乳首を刺激したほうがいいのですか?(ドライオーガズムQ&A)

Q.ドライオーガズムを目指す時は乳首を刺激したほうがいいのですか?
乳首をいじるとドライオーガズムに達しやすいと聞きましたが本当ですか?
それとも前立腺に集中するようにしたほうがいいですか?

A.乳首をいじれば前立腺の感度は上がりますが、前立腺の快感に集中できないのであれば無理に刺激する必要はありません

不思議な事に、乳首を刺激すると前立腺の感度が上がります。
まるで見えない糸で繋がっているかのように、乳首と前立腺の快感がリンクするのです。
でも乳首で感じるようになるには時間がかかります。
乳首が未開発の状態で無理に乳首をいじると、前立腺の快感に集中できず逆に邪魔となる場合もあります。

継続して乳首に刺激を与えることで、胸が性感帯として目覚め始める

女性であればセックスの時に胸を揉まれたり乳首をいじられる事は多いはず。
でも男性の場合、胸を刺激される経験は少ないのではないでしょうか。

僕もアネロスを使い始めのころは乳首が性感帯として未発達で全然気持ち良くありませんでした。
むしろ「乳首で感じよう!」と意気込むほど、前立腺への意識が遠のいていた時期もありました。

ある日「乳首の刺激を追い求め過ぎるのは本末転倒だ」と思い、あまり乳首の快感を気にしないようにしていました。
例えば胸に手を添えるだけとか、感じなくてもいいから乳首を刺激し続けるとかその程度です。
意識はあくまで前立腺に向けつつ、補助的なイメージで胸を刺激していました。

するといつの日か、胸を揉んだ方が前立腺がキュンキュンと感じるようになりました。
その頃から乳首と前立腺がリンクするような感覚を味わい始めました。
継続して刺激を与えることで、胸が性感帯として目覚め始めてきたわけです。

ドライオーガズムを目指す時は乳首を刺激したほうがいいのですか?(ドライオーガズムQ&A)

乳首に意識を向けすぎるとドライオーガズムから遠のくこともある

アネロスやドライオーガズムの解説サイトでは『乳首を刺激したほうがいい』と書かれている事が多いと思います。
乳首を刺激したほうが最終的には気持ち良くなりますし、ドライオーガズムに近づくのは確かです。
でも実際は、乳首に意識を向けすぎることで前立腺の快感を拾えなくなる場合もあるのです。
そうなるとドライオーガズムから遠のいてしまいます。

初めの頃は乳首に意識を向けすぎずに、気が散らない程度に軽くでいいから胸を刺激し続けるといいでしょう。
繰り返すことであなたの乳首はドライオーガズムへのスイッチに変わっていきます。

乳首開発に関しては『乳首をいじって前立腺の感度を上げる(3-8 初ドライオーガズム編)』も参照してください。

乳首をいじって前立腺の感度を上げる(3-8 初ドライオーガズム編)
乳首をいじると前立腺の感度が上がります。 乳首と前立腺の神経が繋がってると言われる通り、乳首の刺激はドライオーガズムに効果的です。...
乳首をしっかり開発すれば前立腺の感度が上がるだけでなく、乳首だけでもオーガズムを感じるようになります。
その話はまた別の機会に。


ANEROS-EUPHO(アネロス ユーホー)ANEROS-EUPHO(アネロス ユーホー)
アネロス社(Aneros Company)
パインズINCで購入
大人のおもちゃ通販大魔王で購入
アダルトグッズNLSで購入

[スポンサーリンク]