ドライオーガズムの世界を広げるためにアナルグッズやアナル性感で働く人たちを応援しようという提案

M男がハメられて抜け出せないアナル快楽専門風俗 衣織
アネドラ
アネドラ(@ene_dry)です。
最近TwitterでM性感で働かれるみなさまと交流を多く取ってるんですけど、みなさん持ち味と言いますか個々に性感に対する考え方とか楽しみ方が違っていておもしろいなあと思ってます。

使う道具、アナルの触り方、ドライオーガズムへの考え方の違いなどなど、お仕事としてアナルに接する過程で培われたりとか、その方の嗜好とか資質みたいなのもあるから100人いたら100通りの楽しみ方があるわけです。
この記事はそんな方々を応援することで、アナル性感の世界ってもっと広がっていくんじゃないかっていう提案と、応援のお願いのお話です。

アナル性感、アナニーの楽しみ方は人それぞれ。皆さんから頂いたお話を紹介します

2019年5月18日

プロとはお金を頂く代わりに技術を磨いてそれを提供する存在

男の新ドライオーガズム 夢のM性感痴女『早川瑞希&星島るり』編 初公開!撮り下ろし映像収録スペシャルエディション

M性感に限らずそうなんですけど、お仕事として成り立つには技術やクオリティが必要になります。
スポーツや音楽だと分かりやすいと思うんですけど、高い技術と素晴らしいプレーを見せてくれることでお客さんが来て収益につながります。
そのプレイヤーが稼ぐことが出来れば、設備投資だったり技術習得にコストを掛けることができて、また高いクオリティに繋げられるみたいな。

性感の世界もそういうところがあるとぼくは思ってます。

応援することで次の世界を見せてくれる

会員制高級M性感 特A痴女秘密クラブ 川上ゆう

スポーツとか音楽の話に戻りますが、もし人気がなくなればその人はプレイヤーをやめてしまうかもしれないですよね。
でも人気がでればそのまま続けてくれるし、さらなる高みを見せてくれるかもしれない。
となるとお金を払うって言うのはその人への投資になるってことです。

であれば、100人いたら100通りあるアナル性感の世界。
だったら気に入った女性やお店があれば応援したほうがいいとは思いませんか?

ぼくがマル秘堂さんを応援し続けているのは、ぼくやこのサイトにとって大きなプラスになる素晴らしい経験をさせてくれたから。
マル秘堂さんのようなお店はずっと残って欲しいし、マル秘堂さんがいればもっと沢山の人がドライオーガズムに達すると思ったからです。

【体験レポート】ドライオーガズム専門、メスイキ性感「マル秘堂」に行ってみた

2019年5月4日

ぼくはアネロスを応援している

ぼくがドライオーガズムの件で一番感謝しているのがアネロスなんですね。
サイトの名前にも入れるほどですし、アネロスがあったからこそドライオーガズムに到達できましたし、ドライオーガズムのおかげでたくさんの人とつながることができました。

それとアネロスって健康器具なんで、ぼくの下半身もめちゃくちゃ健康になったんですね。
具体的に言うと射精量が増えたとか、SEXのときに2回戦とか普通なぐらい回復力が高いとか。
そういったアナル側からの体が健康になっていくっていうのもアネロスへの感謝の理由です。

アネロスジャパン公式ブログにて新発売アネロスヒリックスシントライデントの記事を書かせて頂きました

2019年4月17日

というわけで、ぼくとこのサイトも応援してくださいませ

ぼくが応援する理由はその人やそのお店の先が見たいからです。
アネロスもぼくが応援することで新しい製品が開発されるきっかけに少しでもなれば嬉しいです。

また、ぼくは今は風俗店に行くチャンスって言うのが既婚なのでないんですけれども、できればチャンスを作っていろんな女性や、いろんなお店のアナル性感の技術を味わってみたいなって思ってます。
それでその魅力を伝えて、沢山の人に足を運んでもらう。

アネロスはもちろん応援しますけれども、それ以外でもアナルアイテムで魅力的なものがあったら紹介していきたいです。
それと最近は美容にもはまっていて、綺麗になっていく楽しさに目覚めたのでそれももっと結果がでたら紹介していきたいなと思ってます。

というわけでお願いなんですけども、この色んなものを応援しているサイトを気に入ってもらえたら、逆にみなさんにぼくやこのサイトを応援して欲しいなと思っています。
Twitterのフォローでもいいですし、記事のシェアでもいいですし、コメントを書いてくださるでもいいですし。
応援してもらうことでぼくもこのサイトに時間を掛けれるようになるし、次の世界をお見せできるように努力していきます。

みんなでアナルの世界を広げていきましょう。
絶対たのしいですよ。

この記事に頂いたコメント

アネドラ
おっしゃる通りだと思います。
お金を払うっていうのはその方々の生活を支えるっていうことでもあって、その方の活動を続ける支えをするっていうことなんですよね。
その「支える」を意識して仕事をすると、日常生活にも張りがでてくると思うので最終的にはwinwinだと思います。

アナルの世界についてもっと知りたい方はこちらの記事もあわせて読んでみてください。

ゼロからのドライオーガズム入門 ~ 前立腺マッサージ器具「アネロス」を使ったアナニー講座

2018年3月22日

前立腺マッサージ器具「アネロス」とドライオーガズムについて

2018年4月15日

メスイキ、男性型ドライオーガズム、トコロテンなどアナルオナニー快感ジャンル分布図を作ってみた

2017年3月16日
プロガスムを初心者でも挿入しやすいよう小さくしたモデル。小ぶりになったがプロガスム特有のアナルへの強烈な快感はそのまま。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です