アナニーの準備は前戯と同じ。ドライオーガズムを感じたいならアナニーの準備をしっかりやろう。

Debut Vol.40 ~初めてのトビッコにガクガクしちゃう歌姫~

あなたがアナニーをするときはムラムラっと来ていきなりはじめますか?
それとも何日も前から準備しますか?

僕がアナニーをする時って、ほとんどは数日前から「この日にアナニーするぞ」みたいに決めてるんです。

僕は既婚者なのでアナニーができるタイミングって限られていて、嫁の予定を確認してからじゃないと長時間は楽しめないからです。
そういうアナニーできる日が分かる時って準備している段階からすごく興奮しているんです。

例えばデートの約束が入ってるときって何日も前から気分が高まりませんか?
デートをする日が決まっていると、デートがあるその日までが全部デートの準備期間になるんです。
毎日の仕事もそのデートのためにがんばろうってなるし、いつもの日常がデートの一部みたいになるんですよ。

それと同じでアナニーをする日を決めておくと、それまでの期間がアナニーの一部になるんんです。

例えば「来週の土曜日は遊びに行く」って一週間前に嫁から言われるとします。
そしたらその日のスケジュールを色々考えるんです。

「ヒゲを剃ってすぐに化粧はできないから、朝は8時には絶対起きてヒゲを剃ろう」

「朝ご飯は前日にパンを買っておいて軽くささっと食べよう。」

「トイレに行き終わったらTEMPOを挿入して、そのままお風呂に入ってアナルを慣らそう。」

「せっかくだから新しい下着を購入しよう。冬だからキャミも購入しようかな。通販で届く日を逆算したら3日前には注文しておかないと」

「トコロテン対策をするなら2日前には一度抜いておくべきか。いやあえてトコロテンも楽しむべきか」

「気になってるAVがパンストものだからパンストも購入しておくか」

「TEMPOを入れながら化粧をして、準備が出来たら最初はユーホーにしよう。フェラ用にディルドを用意しておこう。最後はプロガスムで締めよう」

当日までの一週間、いろんなことを考えてたらペニスではなくてその奥の前立腺がすごくうずいてくるんです。

気分が高揚しすぎてアナルに何も入れなくても、柔らかなオーガズムに達することもあります。
たまに「子宮がうずく」なんて言葉を聞きますけどこんな感じなんでしょうか?

お祭りやイベントごとでも準備しているときが一番楽しいってよく言いますよね。
準備をすること自体が楽しいですし、その日の期待感で気分がわくわくします。
そういった高揚感が高まるほど、実際にアナニーをした時のオーガズムも高まります。

まあ予定通りに進まず朝ぐずぐずしたり、お腹の調子がいまいち良くなくて満足にアナニーできなかったり、いきなりトコロテンして萎えたりなんていうパターンもありますけどね。

いつも突発的にアナニーをされる方。
ぜひ一度、時間をかけて準備したりスケジュールをイメージしながら当日まで高揚感を高めてみてください。
いつもなら時間がなくてできないような、新しい楽しみ方も見つかるかもしれません。

ユニセックス型アネロス。前立腺への刺激はなく直腸刺激だけで強い快感を生み出す。小さいものほど上級者向け。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です