浣腸をめんどくさがるのはやめましょ。浣腸のコツとウォシュレット活用法

カリフレ ~オプション無用の中出しOKリフレクソロジー~ 西川ちひろ

「浣腸がめんどくさいのでお腹を下したあとだけアナニーしています」っていう事をTwitterで言われました。
要はお腹を下した後は便が空っぽになるから、そのタイミングでアナニーするっていう理論のようです。

なかなか新しい考え方だなあと思いつつ、それだとお腹を下した後しかアナニーできないし、正しく排便できてるわけじゃないし、そもそも不健康な状態を利用するのってどうかなあと思いました。

実は浣腸ってそんなに難しくはないし、めんどくさくもないんですね。
ちゃんと浣腸したほうがアナル内はキレイだし、アネロスなりのアナニーグッズの動きもよくなります。
それに普段から胃腸の調子を整えたほうが体調もよくなるので、浣腸を習慣化するのをおすすめしています。

浣腸のメリット

アナニー前になぜ浣腸をしたほうがいいのか、みなさん言葉で説明できますか?
アナニー中に便が下りてこないようにするっていうのが第一の理由ですが、他にも理由はあります。

皆さんご存知のように直腸ていうのは普段は便はありません。
でも便の通り道なので小さいカスとかで汚れたりしているんですね。
このカスがアナニーにはジャマで、例えば道具が汚れてしまったり、ローションをつけても小さな固形物のせいで動きが悪くなってしまいます。

なのでアナル洗浄という意味合いでアナルをゆすいでおいてあげると、アナニーしやすいアナル環境になるというわけなんですね。

簡単に浣腸するにはまず自分の体を知ること

浣腸について調べると色々でてきます。

イチジク浣腸、つまり浣腸液を使ったもの。
お湯だけで浣腸するもの。
塩を足したお湯で浣腸するもの。

こういったものの中からどの浣腸方法を選べばいいか。
その判断基準はあなたの体質によります。
お腹がゆるいか、逆に便が出にくいか。

お腹を下し気味の人は浣腸液を使うと、長時間お腹が痛くなり続けてアナニーどころじゃなくなります。
逆にお腹が便秘気味の人はお湯だけで浣腸すると、便が下りきらずにアナニー中に降りてしまうこともあります。

これはいろんなパターンを試していくしかないです。
その日の体調にもよりますけど、何回か続けていると自分にとってベストの浣腸方法が見えてきます。

ウォシュレットのススメ

浣腸を劇的に楽にする方法。
ウォシュレットです。

ガキ使のダウンタウン2ショットトークで浜ちゃんが「ウォシュレット使ったら出ないやつが出るやん」ってボケてたんですけどまさにそれ。
まっちゃんは「それは望まれたことではないやん」と見事なツッコミしてましたけど、ウォシュレットを上手く使うと自力では出ないであろう便もうまいこと出てくれます。

やり方はウォシュレットを強めにして肛門を緩めて親を中に入れてしまうんです。
ちょっと怖いと思うかもしれないですけど徐々に強めれば問題ないですし、肛門をいきむというか便を出す感じの力の入れ方をすればスッと入ります。

あとはお湯を入れる→出すを繰り返すだけ。

あ、お湯でやってくださいね。
冷たいとそれでお腹壊すので。

それを普段からやると便がいつもしっかり出てすごい快適なんです。
ウォシュレット持ってない人はわざわざ買うレベルです。

まとめ

というわけでですね浣腸のメリットや浣腸のコツをまとめました。
浣腸は運動における準備体操みたいなもんです。
慣れるとスッとできますし、めんどくさがってやらない方のデメリットが大きい。

ウォシュレットを使った排便方法はほんとに簡単なのでぜひ試してください。
良い浣腸で良いアナニーライフを。

2018年新作。大きなヘッドが特徴で初心者でも前立腺の位置がつかみやすい。初ドライオーガズム報告が多いアネロス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です