メスイキできない理由は「心理学的ホメオスタシス」が邪魔してるからかもしれません

期間限定セール
タフなオ○コに3連続中出し 百多えみり
アネドラ
アネドラ(@ene_dry)です。
今回は、変化を嫌がる「心理学的ホメオスタシス」があなたのメスイキを邪魔しているかも?っていうお話です。

「ホメオスタシス」って言葉をご存知ですか?

人って無意識に「現状維持」を保とうとします。
これを専門用語で「ホメオスタシス」っていいます。

よく「変わりたい」って言葉を口にしますけど、実は生物として「変わりたくない」という反応をしてしまうんですね。

先日こういうツイートをしました。

ドライオーガズムを目指す時に出来ない理由を勝手に頭が探したりとか頭が勝手に変化を避ける動きをする時があるんですね。それを心理学的ホメオスタシスって言うんですけど男性的な性感から離れられない人はこれが働いてるのかもです。そういうものがあることを知ってるだけで変化に繋げやすくなります

心理学的ホメオスタシスがなぜ存在するかと言うと、これって「現状で安全に生活できているのに、変化をつけると危険なんじゃないか」っていうブレーキが働いてしまうからです。

新しいことを覚えようとすること、環境を変えようとすること。
どれも不安感とか戸惑いとかが無意識に気持ちに出てしまいますよね。
まさに心理学的ホメオスタシスの効果なのですね。

心理学的ホメオスタシスとメスイキの関係

玉ギャル男の娘 七瀬るい

心理学的ホメオスタシスがなぜメスイキの邪魔をするのか。

それはメスイキが男にとって新しいことだからです。

男の性感というと

・男らしく
・ペニスを使った
・自分から責める

というイメージがつくもの。
それに対してメスイキは、いわばマゾ的な要素も含みますので

・女性らしく
・アナルを使った
・受身で感じる(責められる側)

という逆の物になります。

なので男の性感からの変化を作ろうとする段階で心理学的ホメオスタシスが働いちゃうわけですね。

メスイキに怖さを感じる人もいる

アナルオナニーだったり、風俗のアナル性感でアナルイキしそうなとき「怖い」と思ったことはありませんか?

今までペニスで感じていた体だったのに、他の部位で感じることに怖さを感じてしまうわけですね。

「このままイッていいのか分からない」という心理的なブレーキが働いてしまって、それが「怖い」っていう感情に繋がっちゃうわけですね。

明確に「怖い」って認識していなくても、本当はメスイキできる状態まで体は開発されているのに、イキきれない原因はこの心理学的ホメオスタシスのせいかもしれません。

心理学的ホメオスタシスを乗り越えてメスイキする方法

メスイキの神髄に出会ういつものオナニーより精子がビュルビュル出るドライオーガズムの世界~入門編 蓮実クレア

心理学的ホメオスタシスを乗り越えてメスイキする方法は2つあります。

その1「心理学的ホメオスタシス」の存在を知っておくこと

1つは「心理学的ホメオスタシス」の存在を知っておくこと。
もうこの記事を読んだ時点でクリアですね。

なぜ存在を知るだけで乗り越えられるかというと「新しいことをしようとしたときに不安を感じるのは心理学的ホメオスタシスのせいなんだ」っていうことを知っておくだけで「これはみんなが感じるものだから、実際に不安に感じる必要は無いもの」って気付けるからです。

自分を変える行動をするときに、勝手に自分の変化を止めようとする力が働く。

それを知っておくだけで十分、心理学的ホメオスタシス対策になるってことです。

その2、信頼できる人に身を任せること

もう1つの方法は不安を感じるのを忘れるぐらい、信頼できる人に身を任せることです。
なので1人ではなく、2人でアナルプレイをするっていうお話になります。

新しい仕事だったり、新しい生活だったり。
それを1人でこなすのは怖いっていうときは、仲間だったり、そばに応援してくれる人がいたら勇気がでますよね。
不安を忘れて、新しいものにチャレンジできます。

メスイキしそうなときに、信頼できる人に導いてもらうと、びっくりするぐらいメスイキの壁をさくっと越えてめちゃくちゃ気持ち良い世界に飛び込めたりするのです。

経験の多いアナル性感のプロの人だったり、または馴染みの女性を作って何回かプレーを重ねることで「信頼」は生まれるはず。

男としての「現状維持」ではなく、女性の快感を得るために現状を変化させたい。
そう思っているのであれば、心理学的ホメオスタシスを乗り越えて自分の壁を打ち破って欲しいと思います。

スリムになって多機能&防水仕様へと進化。指で前立腺を刺激されているかのような前立腺バイブNEXUS REVOの新作。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です