ええか気持ちええから喘ぐんちゃうねん、喘ぐからこそ気持ちええねんでアナニーは

ええか気持ちええから喘ぐんちゃうねん、喘ぐからこそ気持ちええねんでアナニーは

主人公たちが漫才師を目指す「べしゃり暮らし」という漫画があるのですが、その中にこんなセリフがあります。

ええか
楽しいから笑うんちゃうねん
笑うからこそ楽しいねんで人生は

これを読んだときに、ふと

ええか
気持ちええから喘ぐんちゃうねん
喘ぐからこそ気持ちええねんでアナニーは

と言い換えてもしっくりくるなあと感じました。
どんな事でも自分から楽しもうという気持ちこそが大事なわけです。

アナニーは自分から気持ち良くなろうという姿勢が大事

ウォーミングアップ時に喘ぎ声を出して興奮を高める
https://www.anedry.jp/warmup-and-moaning
AVの音声をオカズにして興奮を高める
https://www.anedry.jp/adult-videos-voice

この2つの記事の内容と重複する部分もあるのですが、喘ぎ声は気持ち良くて出てしまう人も居れば、自分の興奮を高めるために自ら出す人もいます。
自分から喘ぎ声を出すことで興奮を高め、「私はこんなにも感じちゃってる」と言い聞かせるように声を出しています。

お笑いの話に戻りますが、好きな芸人さんとか身近な人でも「この人はいつも面白い事をしゃべる」と思っている人との会話は簡単に笑いが起こります。
逆に「この人は本当に面白いの?」みたいに身構えてしまうとなかなか笑うことができません。
自分から楽しもうという姿勢を持つことが大事で、それこそが「笑うからこそ楽しい」という言葉に繋がっているわけです。

そして気持ち良くなる時も同じで、自分から気持ち良くなろうという姿勢が大事なわけです。
このタイトルの通り、わざとあえぎ声を出すことで「自分は感じやすい」とか「今感じてる」という心境になり気持ち良さを受け入れやすいメンタルに切り替わっていくのです。

ええか気持ちええから喘ぐんちゃうねん、喘ぐからこそ気持ちええねんでアナニーは

女性のような行動を進んで取ることで女性のオーガズムを得やすくなる

自分から喘ぎ声を出すこと=感じやすい自分を演じているとも取れます。
演じるという視点で見ると女性の下着や衣類を身に着けたり化粧をすることも「自分は女性だ」と自己暗示をかけている事にも当たります。

ドライオーガズムはメンタルの要素がとても重要です。
女性のような喘ぎ声を出したり女装をしたりするなど、女性のような行動を進んで取ることで女性のオーガズムであるドライオーガズムを得やすくなるわけです。

あえぎ声は「AVの音声をオカズにして興奮を高める」にも書いた通り、AVの音声を聞きながら女優さんに合わせて喘いでみるのがやりやすいと思います。
そして女優さんと一緒に「イク!イク!」と言いながらイッたふりをしてみてください。
ドライオーガズムまで行かなくても「軽くイク」ぐらいまではすぐに到達するはずです。

喘ぐからこそ気持ちいい。
「なかなか気持ち良くならない」と思っている人は、喘ぎ声を出して気持ち良くなる自分になりきってみてください。

2 件のコメント

  • あまり聞いても仕方がない事かもしれませんが、質問失礼いたします。
    今日プロガスムJrを使っている際、この記事を参考に、気持ちよかったら声を出してみました。
    すると、なんだかPC筋のために枕を挟んでた足の震えが止まらなくなり、その感覚に身を任せて声を出してると、初めての感覚の波が押し寄せてきて、体中が震えるを通り越してビクビクなりました。
    大きな未知の感覚すぎて、快感かどうかもわからなかったのですが、これはドライオーガズムだと思いますか?
    参考までにお聞かせいただければ幸いです。

    • コメントありがとうございます。
      仕方がないだなんて言わずになんでも聞いてください。
      仰る通りそれはドライオーガズムです。
      気持ち良かったら声を出すってとても大事で、自分が気持ち良くなっている事を認めるという行為なんです。
      それによって一つの壁を越えたんだと思いますよ。
      言われる通りドライオーガズムの快感って今まで感じたことの無い質なのでそう思われる気持ちは分かります。
      次に同じ感覚になった時は「これは快感なんだ」と認めることで気持ち良くなれるのではないでしょうか。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です