アナニー、アナルセックス前に行うアナル洗浄のやり方

アナニー、アナルセックス前に行うアナル洗浄のやり方
アネドラ
アネドラ(@ene_dry)です。
アナル洗浄についての質問がすごく増えてきたので記事をリニューアルしました。
もしこの記事を読んでも分からないところや気になることがあれば、Twitterでもこの記事のコメント欄でも結構ですので気軽に質問をいただけたらうれしいです。

アナルオナニーにしろアナルセックスにしろ、最初にいちばん気になるのが「アナルって汚いんじゃないの?」っていう思いじゃないでしょうか。
AVやエロ漫画でアナルを使ったプレーのものはたくさんありますけど、アナル洗浄まで描いているものっていうのはほとんどないです。
だからやり方が分からないっていうのもあるし、そもそもアナル洗浄ってするものなのかっていう疑問さえ生まれると思います。

ぼくがアナニーをはじめようと思ったときも、最初のハードルがアナル洗浄でした。
いろんな道具だったり、やり方を試してやっとアナル洗浄の基本ともいえるやり方が定まりました。

いまはアナニーしない日でも毎日洗浄してるので、いきなり「アナニーやろう」って思ってもすぐできる状態です。
毎日お尻が清潔な状態っていうのはすごく気分が良いので、アナルオナニーやアナルセックスしない方でもぜひ試してほしいです。

そもそもなぜアナル洗浄するのか

アナル洗浄をしないといけない一番の理由は「衛生面」です。
便が通る場所なので「臭い」「汚い」っていうのがまずあります。
そのまま指や道具をアナルに入れると、その臭いや汚れが付着する可能性があって、しっかりアナル洗浄しておくとその心配がなくなります。
アナルセックスだったりアナル性感だと相手に不愉快な思いをさせてしまう場合もありますね。

もう1つの理由はアナル洗浄=アナルのマッサージにもなるのでアナル内の動きが良くなることです。
アナルも筋肉なので、アナル洗浄で刺激を与えることで動きやすくなります。
動きやすくなるっていう事はアナルの柔軟性が高まるので怪我をしづらくなりますし、道具を使うときならスムーズに動くようになりますし、アナルセックスのときならペニスを受け入れやすくなります。

「浣腸」と「アナル洗浄」を分けて考える

「浣腸」と「アナル洗浄」を一緒にしてる人もいますが、分けて考えるとより分かりやすくなります。

「浣腸」は便を出してしまうことです。
つまりお腹の中に残った便がアナニーやアナルセックス中に降りてこないように出してしまうことです。
ということは便がお腹になければ浣腸はする必要はないです。
つまり普段から快便なら別に浣腸して便を出さなくても問題ないということです。
便意がなければ便はお腹にはないですからね。

「アナル洗浄」はアナル内の汚れをお湯でゆすいで綺麗にすることです
要はアナルのうがいです。
便意がなければ便は出ませんが、アナルは便が通ってきた場所なので汚れが少なからずある状態です。
だからそのままアナルを使おうとしたら匂いや汚れが付いてしまうんですね。
そこで「アナル洗浄=アナルのうがい」をしてあげて、綺麗にしてからアナルを使うって感じです。

「浣腸」のやり方

浣腸は体質によって変わるので、まずは自分の体質を把握することが大事です。
例えばお腹が緩い体質なのに浣腸液使ったらお腹がゆるくなりすぎてアナニーどころじゃなくなります。

普段の体調管理も含めて自分のお腹の調子を把握しつつ、浣腸のやり方を把握して行かないとだめです。

浣腸液(イチジク浣腸など)を使った浣腸

浣腸液(イチジク浣腸など)を使った浣腸

浣腸液には排便を促すグリセリンなどの成分が入っていて、便秘の人が使ったりします。
これを使って出にくい便を出してしまうっていう方法です。
ただ、前述のとおりお腹が緩い人が使うと一日中お腹痛くてアナニーどころじゃなくなったりします。
ぼくがまさにそれで、一回使ってもうやめました。

シリンジを使った浣腸

シリンジ

シリンジとは針のない注射器のようなやつです。
これを使ってお湯で浣腸します。
具体的なやり方は


  1. ぬるま湯(アナルに入れても熱すぎない、冷たすぎない程度)を用意する
  2. シリンジで10ml程度を注入
  3. 少し我慢して出す
  4. 便意が無くなるまで繰り返す

この「少し我慢して」ってところがポイントで、この我慢してる間に便が誘発されます。
「少し」っていうのは数十秒の時もありますし、5分ぐらいの時もありますし人それぞれ。
試しながらやってください。

ウォシュレットを使った浣腸

ウォシュレットを使った浣腸

シリンジと同じなんですけどウォシュレットだとお湯を用意する必要がないし、ウォシュレットの水圧でアナルにぬるま湯を注入できるのでめちゃくちゃ楽なんですね。
やり方はシリンジと同じで、アナル内にお湯を注入して我慢して出すを繰り返すだけ。

ただシリンジと違って、アナルが柔らかくないとお湯が上手くアナル内に入りません。
少し水圧を強めにして、便を出すような力の入れ方をするとスーッとアナルにお湯が入ってきます。
もし入ってこないのであればアナニーを続けて肛門の柔軟性を高める必要がありますね。

「アナル洗浄」のやり方

アナル洗浄はお湯をどうアナルに入れるか、そしてそれをどう繰り返すかの話です。
浣腸と同じようなやり方です。

シリンジを使ったアナル洗浄

シリンジを使うのが一番簡単ですね。
お湯を注入して出すを繰り返します。
その時に出したお湯がきれいな状態なら洗浄完了です。
完了です。

ウォシュレットを使ったアナル洗浄

ウォシュレットも浣腸と同じく、水圧を少し強めにして便を出すようなアナルの力の入れ方をしてお湯を注入。
そして出したお湯がきれいになるまで何回か繰り返します。

シリンジはシリンジを洗う手間があるのに対して、ウォシュレットは片付けの手間がありません。
肛門に柔軟性がないとお湯が入りづらいのですが、慣れたら楽なのでチャレンジして欲しいです。

シャワーのアナル洗浄は衛生面が気になる

シャワーのヘッドを外してアナルにお湯を入れるアナル洗浄の方法もあります。
ただノズル内が不衛生になる可能性があるのと、便が出た時にお風呂場が汚れてしまう可能性があるんですね。
なのでぼくはお勧めしてないです。

普段から胃腸の調子を整えることが一番大事

ここまで読んでもらうとわかると思うんですが、普段から胃腸の調子を整えておくことが一番大事です。
例えば普段から下し気味の人が、アナニーの時だけ調子を良くしようとしても難しいです。
便秘気味の人に、アナニーの時だけしっかり排便しようとしても難しいです。

普段から食生活、睡眠、入浴などで胃腸の調子を整えて、毎日快便にしておくのが一番大事なんですね。
そうしておくと無理な浣腸をする必要もないですし、軽くアナル洗浄しただけでアナルはきれいになります。
何事も積み重ねですね。

胃腸は人それぞれだから自分の最もいいやり方を探す

何度も書きますが、アナル洗浄のベストのやり方は自分で試行錯誤するしかないです。
毎回浣腸する必要がある人もいれば、ウォシュレットで軽く洗い流すだけで十分な人もいます。

アナル洗浄を何度も繰り返して自分に合ったやり方を見つけてください。
これはあなた自身が試行錯誤するしかない部分です。

まとめ

この記事のまとめです。


  • アナル洗浄をする理由は「衛生面」と「アナルの動きを良くする」ため
  • 「浣腸」と「アナル洗浄」を分けて考える
  • 「浣腸」は便を出してしまうこと
  • 「アナル洗浄」はアナル内の汚れを綺麗にすること
  • 普段から胃腸の調子を整えることが一番大事
  • 胃腸は人それぞれだから自分の最もいいやり方を探す

最終的にはいろんなことを試して自分のやり方を見つけるしかないです。
浣腸液を使ってしまうと1日お腹がゴロゴロする人もいれば、使わないと便が出切らない人もいます。
生活習慣が悪いとどんなアナル洗浄のやり方をしても、便がずっと出てきてアナニーどころじゃなくなる人もいます。

また、僕はウォシュレットを推奨していますけど体に合わない人もいるようですし、そういう人はシリンジで丁寧にやったほうがいいです。

何度も模索しながら自分のアナル洗浄のやり方を見つけてください。
もし疑問点や質問があればTwittrかコメント欄でぜひ質問してくださいね。

プロガスムを初心者でも挿入しやすいよう小さくしたモデル。小ぶりになったがプロガスム特有のアナルへの強烈な快感はそのまま。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です