女装男子のぼくが臀部(お尻)の脱毛についてお話します

アネドラ
アネドラ(@ene_dry)です。
ぼくは色白なのに毛深くてそれがコンプレックスだったんですけど、エステでメンズ脱毛をしたのをきっかけに女装写真をアップするようになりました。
そのツイートを見てくれてる方から脱毛のお話をよく聞かれます。
今回は「臀部(お尻)」の脱毛の話をさせて頂きますね。

まずはツイッターで頂いた質問から紹介します。

Q.
毛の処理についてなんですが、お尻のoラインではなく、臀部の毛って普通は生えないものでしょうか? また、剃っているのですがポツポツと黒く残ってしまい脱毛も考えているのですが臀部も処理していただけるのでしょうか?
A.
サウナ行くと全然毛のない人からそこに毛が生えるの?みたいな人まで様々ですよ。ぼくも臀部めちゃ生えてました。脱毛で綺麗スッキリしてもらいました。ダメな部位は目の周りぐらいかも。

信じてもらえないかもしれないけど毛が濃くてVIOだけじゃなく臀部も毛が生えてたし裏腿とかもめちゃ生えてた。濃いから剃ったら毛跡がポツポツ。全身脱毛でこの状態になりました。お尻とか裏腿はほんと剃りづらいから毛がなくなってめちゃ嬉しかったー。

この記事を書く1年前にメンズ脱毛エステで全身脱毛を開始しました。

脱毛をはじめる前は自分の体毛の多さにめちゃくちゃコンプレックスを持ってまして、自宅で足の毛を剃っていました。

そんなぼくが脱毛に行くきっかけになったのが

「ヒゲの剃る時間がもったいないから脱毛しよう」

で、その時に全身脱毛やって一括で支払うとめちゃくちゃ安くなるっていうのが分かったので、全身脱毛をはじめたのです。

それで半年もするとかなりキレイになってきまして、Twitterで女装写真や動画をアップし始めたっていう感じです。

サウナによく行くけど体毛は人それぞれ

ぼくは「サ道」っていう本の影響でよくサウナに行くんですけど、体毛ってほんと人それぞれなんですよ。

「臀部の毛って普通は生えないものでしょうか?」との事ですが、めっちゃ生えている人から全然生えてない人まで様々。

ただ、臀部の毛がまったく生えていない人っていうのは少なくて、少なからず生えています。

風俗店でお尻を見られたときの話

ぼくがM性感のお店に行ったときの話なんですけど、ぼくは下半身の毛が結構多かったので「お尻めっちゃ毛生えてるね」って言葉責めされることも多々ありましたw

でも、どうせ言葉責めされるのであれば「ツルツルだね」とか「女の子みたいだね」とか言われたいんですよね。

ただ、ぼくは色白なので剃ると毛の剃り跡がポツポツ残りますし、お尻の毛って剃るのが難しいですよね。

キレイに剃れなくて剃り残しがあるのも恥ずかしいなあって思って、あえて剃らずにM性感に行ってました。

エステでの全身脱毛後の話

エステで脱毛をはじめてからは半年も経つと、お尻の毛もほとんど生えなくなり、剃るのはエステで脱毛施術をする前日ぐらいになりました。

ヒゲなどの男性ホルモンが濃い場所に比べて臀部って脱毛を繰り返さなくてもあんまり生えてこないんですよ。

VIO(股間周り)は毛が生えやすいですが、臀部は思った以上にすぐにすっきりしたのですごく満足しています。

というわけでぼくの毛の処理や、エステでの脱毛のお話に移りますね。

エステでの全身脱毛について

脱毛にはいろんな方法があります。

・家庭用の脱毛器を使う
・クリニックで医療脱毛をする
・エステで脱毛をする

などです。

家庭用脱毛器はぼくは使った事が無いのですが、脱毛後のちょっとしたケアぐらいならコスパがいいそうです。

もし1からの脱毛となると時間も掛かるし、手間もかかります。

脱毛後のケアも大変なのでお金を掛けて医療脱毛かエステ脱毛を選ぶのをお勧めします。

エステ脱毛と医療脱毛のどちらを選ぶか

そもそも「永久脱毛」の定義ってご存知ですか?

  • 永久脱毛はクリニックのみで可能な医療行為
  • 永久脱毛の定義は「脱毛施術を終え、1ヶ月経過したときの対象範囲のムダ毛の再生率が20%以下のもの」

なんです。

毛根組織が機能できないぐらいまで強いダメージを与えるのは医療行為になりまして、エステだとそこまでパワーのある処置ができないんです。

じゃあなぜぼくがエステ脱毛を選んだかっていうと

・痛みがほとんどない(※ゼロではないけれども)
・値段が安い
・エステ脱毛でも効果があるか実験したかった

の3つなんです。

永久脱毛という言葉は使えないのでエステでは「減毛」という表現を多く使ってます。

でも実際のところは毛が減ってくるのは間違いなくて、ぼくも1年エステ脱毛に通ってみた結果、ほとんど毛が生えなくなりました。

今後どうなるかは分からないですけど、医療脱毛に通ってる友達曰く「めちゃくちゃ痛い」とのことで、痛みに弱いぼくにしてみればエステ脱毛でよかったと思ってます。

毛を剃る方法

エステ脱毛に通う前のぼくの毛の剃り方も紹介します。

お勧めなのが「イントゥイション」というT字のボディシェーバーの刃先にソープがついたタイプのもの。
これだとシャワーを流しながら肌に沿うだけでスーッと毛が剃れていくんですよ。

ただ、あくまで剃るだけですので肌が白い人だったり、毛が太い人は剃り後が残りやすいです。

毛を抜く方法

電動毛抜きの「ソイエ」も試したことありますが、剛毛には痛すぎるw

そいえがどういうものかというと、電動でプチプチと毛を抜いていく機械なんですね。

確かに抜けるけれども、女性と違って男性は毛の量が多いからその分痛いんですよ。

恐らく毛が太いのも痛い原因だと思います。

脱毛と違ってまた生えてきますし、抜くのはダメージが大きいらしくよく赤みにもつながっていました。

ソイエを使うなら毛の薄い方のほうが良さそうです。

脱毛に通うなら金銭面をどれだけカバーできるか

医療脱毛にしろエステ脱毛にしろ、脱毛って1回行けばきれいになるわけじゃないので数回は通わないと駄目なんですね。

ぼくの場合は

VIO:8回
全身:8回
ヒゲ:20回

のプランで契約しましたが、何十万かは必要になりました。
あとヒゲとVIOに関しては毛が濃いので、もう少し回数を増やさないと駄目かもって感じです。

というわけで、脱毛ってどうしてもお金が掛かってしまうので、それを念頭に置いた上で金銭的な余裕を持っておきたいところです。

もし質問者さんが臀部だけを脱毛したいと思っても何万円かは掛かりますし、恐らく臀部だけだと割高になるのでぼくのように複数個所を契約したほうがコスパは良くなります。

でも脱毛ってほんとに生えてこないからめちゃくちゃ気分も楽だし、毛剃りの時間もなくなるし、何より毎日の髭剃りの時間が最終的にゼロになるのがめちゃくちゃ大きいんですよね。

ちなみにぼくは髭剃りに1日15分掛かってたんですが、それって365日だと90時間も使うことになるんですよ。

90時間あれば収入増やす時間に当てることもできますし、このサイトの更新だったりTwitterでアネロスやドライオーガズムの話に当てることもできますからね。

臀部の毛って剃りづらいし、剃ってもチクチクしやすい場所です。
もし金銭的に余裕があるのであれば脱毛も検討していただけたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です