『アネドラ – アネロスとドライオーガズムを楽しむblog』とは

『アネドラ - アネロスとドライオーガズムを楽しむblog』とは

「女性のイク感覚を味わいたい」

ドライオーガズムに挑戦しようという人のほとんどは、そういう考えから始めたんじゃないでしょうか?
だけど実際に始めようと思ってもお尻におもちゃを挿入することに抵抗があったり、買ったのはいいけど上手く挿入できないとか排泄物がついて萎えたりとか、ずっと挑戦しているけどイク感覚までたどり着かないなど、様々な悩みが付きまとうと思います。

僕が初めてアネロス(当時はエネマグラという名称)を始めたのは、以前開設していた『エネドラ – エネマグラでドライオーガズムを楽しむblog』を開設する2年ぐらい前の事でした。
最初はアネロスから入ったのではなく、綿棒を挿入するところからはじめ色々試した結果アネロスに手を出し始めました。

すぐにドライオーガズムを味わえたわけではなかった

最初の頃はアネロスを使えば女性のイク感覚=ドライオーガズムをすぐに体感できると思っていましたが、実際はイクどころか異物感しかなかったのを覚えています。
ですが色々な事を試し続けて、今では100%の確立で女性のイク感覚=ドライオーガズムを楽しめています。

そこに行くまで色々と試してきましたが、僕が思うにドライオーガズムを意識しすぎたためにドライオーガズムになかなか辿り着かなかったというのが結論です。

ドライにとらわれ過ぎずオナニーを楽しむことが近道

H○NTER×H○NTERという漫画で「オーラが体内に流れる感覚は似ているようで一人一人違うので先入観を植え付けたら逆効果」という言葉がありましたが、ドライオーガズムに関しても同じことが言えるんじゃないかと僕は思っています。

こうやってトレーニングすればドライオーガズムに達するとか、こういう体位ならドライオーガズムに達するとか、あれはしちゃダメこれもしちゃダメとか色んな情報が書いてありますけど、僕はそういうのを無視してダメって言われている事も試しながらドライにたどり着きました。

もう少し言うならば、ドライオーガズムにとらわれ過ぎずエネマグラとオナニーを楽しんだ結果ドライオーガズムに達したのです。

このブログではアネロスの入門だけでなく、色んな楽しみ方を紹介しております。
ドライオーガズムに達するのが目的ですけど、ドライオーガズムにこだわり過ぎずもっと自由にアネロスを、アナルオナニーを楽しもうと言うのが趣旨です。
矛盾しているようにも思うかもしれませんが、肩の力を抜いて楽しむことがドライオーガズムへの近道なのです。

アネロスを自由に、楽しく

もちろん僕がこのブログで書くことを鵜呑みにすればドライオーガズムに達するとは断言できませんし、しません。

ですがこのブログは読んでくださる方のドライオーガズムへの道のりの手助けになる事を書きますし、アナルオナニーを続けていれば必ずドライオーガズムに達することができます。

アネロスを自由に、楽しく。
新しい快感を楽しもうとすることで、今より素敵で濃厚な快感を味わえるはずです。

ドライオーガズムは本当に気持ちいいです

射精=ウェットオーガズムは出すと快感が終わり、いわゆる賢者タイムに入ってしらーっとしますが、ドライオーガズムはイッてもまだ続きます。
イッてもその次のイク感覚がまた迫り来て、いつ終わればいいのか分からないぐらいです。
濃厚で何度も続く快感がドライオーガズムです。

また慣れてくればアネロスの種類によって、ドライオーガズムの変化も楽しめるようになります。
ドライオーガズムには射精に近い感覚の『男性的オーガズム』と、じんわりと全身に長く響くような快感の『女性的オーガズム』があります。
アネロスによって『男性的オーガズム』の感覚が強いものや、両方を味わえるものや、『女性的オーガズム』の感覚が強いものなどがあるため、アネロスを変えることで色々な快感を味わえるようになるのです。

ぜひとも一人でも多くの方がドライオーガズムに達成し、新しい快感を楽しめることを願っております。


プロガスムを初心者でも挿入しやすいよう小さくしたモデル。小ぶりになったがプロガスム特有のアナルへの強烈な快感はそのまま。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です