アネドラとは?当サイト『アネロスとドライオーガズムを楽しむblog』について

アネドラ
アネドラ(@ene_dry)です。
ぼくはアナルオナニー(アナニー)とドライオーガズムの気持ちよさを皆さんに伝えるためにブログやSNSで情報を配信している女装男子です。

ぼくアネドラと、このサイト『アネドラ アネロスとドライオーガズムを楽しむblog』についてぜひ知ってください。

ぼくは小さい頃から女の子の服や下着に興味を持っていました。
思春期の男の子ならみんなそういう興味はあると思いますが、ぼくの場合は「服を着てみたい」「下着を履いてみたい」みたいな気持ちがありました。
つまり女の子になってみたいっていう願望が強かったんですね。

大人になったある日、たまたまインターネットで知ったものが「アナルオナニー」「ドライオーガズム」です。

「アナルオナニー」とは名前の通り、アナルでオナニーするものです。
そして「ドライオーガズム」とは、アナルでイクと射精せずにイクことができるというもの。

アナルは汚いものだし、射精せずにイクとか本当にあるの?って気持ちがありつつ、でも女の子のように感じてみたいって思っていたぼくはその魅力に抗えませんでした。

でもネット情報を調べてアナルグッズを試してみても気持ちいいと思えないし、浣腸でお腹が痛くなってアナニーどころじゃなかったり、最悪なことにアナルグッズに便がついてしまったり。
エネマグラというアイテムが良いと知ったものの、実際に買ってみたものは模造品でアナルの中で上手く動かないし、挿入してもキツくて痛みを感じたりとか失敗だらけでした。
10年以上前の話になりますけど、当時はアナニーやドライオーガズムの情報サイトも少なかったし、自分で失敗しながらいろいろ試すしかなかったのです。

アネロスでドライオーガズムを経験し、女の子のようにイクことができた

アネロスでドライオーガズムを経験し、女の子のようにイクことができた

ドライオーガズムと言えば「女の子のような絶頂」です。
どうしてもぼくはドライオーガズムを体験してみたくて、道具を変えたりアナニーのやり方を繰り返し、ついにドライオーガズムを体験することができたのでした!

ドライオーガズムの特徴は

・射精をせずにイクことができる
・賢者タイムがなくて何度も連続でイクことができる

というもので、ぼくは女装して女の子の格好をしながらアナルを膣に見立ててアナルオナニーで何度も絶頂を楽しみまくっています。
普通のオナニーだと1回射精すると気持ちが萎えるし「いま射精したらオナニーが終ってもったいない」みたいな感覚になりますよね。
でもドライオーガズムは何度もイケるから気にせずすぐに絶頂を楽しめますし、1時間でも2時間でも何回でもイクことができるんです。

まさに女性のようなオナニーだし、女性がセックスで感じるようなそんな状態を男でも味わえるっていうことなんです。
めちゃくちゃ凄いし、諦めずにドライオーガズムに挑戦して本当に良かったと思っています。

ドライオーガズムを体感したあとはスキンケアとか、脱毛にも手を出して女装が少しでも似合うように気を使っています。
Twitterでは女装男子のみなさんとか、アナニー好きのみなさんとか、あとはアナル性感で働くプロの美女の方々と交流が増えまして、ドライオーガズムで人生変わったなとほんとに思ってます。

男ならドライオーガズムを体験しないともったいない

男ならドライオーガズムを体験しないともったいない

女装してアナルオナニーをしている人や、アナル性感でアナル責めを楽しんでいる人は沢山います。
でもドライオーガズムを体験すると、それまでペニスでしかイッたことがなかったのがもったいない!って思えてくるんです。

アナル性感で働かれるプロの方々がそうだと思うんですが、多くの人がまだ未経験のドライオーガズムっていうものを味わって欲しくてアナルプレーの研究をされているはずです。

でもぼくはアナルオナニー専門なので、技術ではなくて「ドライオーガズムの情報」という形で、ドライオーガズム達成者を増やしたいと考えています。

そのためにはアナルオナニー自体を好きになって欲しいし、アナルなんて変態行為だっていう偏見を消して欲しいし、もっと言うとTENGAが登場してオナホでのオナニーが一般化したみたいに、アナルオナニーやドライオーガズムを一般化させたいのです。

そのためには、ぼくの経験だけじゃなくて、アナニー好きやドライオーガズム経験者の方からコメントを頂いたり、プロの方々からアドバイスを頂いたり、みなさんの力をお借りしながらドライオーガズムの情報サイトを作っています。

ぼくの培ったアナニー経験を出来る限り分かりやすくまとめたのが『アネドラ アネロスとドライオーガズムを楽しむblog』

ぼくの培ったアナニー経験を出来る限り分かりやすくまとめたのが『アネドラ アネロスとドライオーガズムを楽しむblog』

このサイト『アネドラ アネロスとドライオーガズムを楽しむblog』は、ぼくが今まで培ってきたアナニー経験だったり、ドライオーガズム到達にあたって効果的なやり方を分かりやすくお伝えしています。

どのようにアナニーをはじめ、どのようにアナル開発を進めて、どのようにドライオーガズムに到達したのか。
そしてドライオーガズムをより楽しめる方法だったり、ドライオーガズムの気持ちよさを高める方法を紹介しています。

このサイトは前立腺マッサージ器『アネロス』をメインにしたドライオーガズム到達法を紹介していますが、それはアネロスが最もドライオーガズムに到達しやすい道具と思っているからです。

これからアナニーをはじめる人、アナニーをはじめたけど気持ちよさが分からない人、ドライオーガズムを絶対に体験したい人、男だけど女の子のようにイッてみたい人、彼氏や旦那をアナル責めしたい人、またアナル責めされている男性の気持ちを知りたい痴女の方。

失敗も成功も味わったぼくにしか書けない、アナニーやドライオーガズムのリアルな話をたくさん盛り込んだサイトです。
ただの情報サイトではなく、ぼくのリアルな経験を詰め込んだ話をたくさん盛り込んだ結果、プロの方やアナニー好きのたくさんの人にご紹介や応援をしていただけるようになりました。

ただの女装好きでアナルオナニーが好きな男のぼくが、こうやって沢山の人と繋がれたのはすごくありがたい話ですし、みなさんの力をお借りして、このサイトが「自分もドライオーガズムを体験できるかもしれない」とアナニーを始めるきっかけになればと思っています。

たくさんのご意見、ご質問をお待ちしています

たくさんのご意見、ご質問をお待ちしています

このサイトはぼくの経験をまとめながら、アネロスやドライオーガズムについて書いたサイトです。
ぼくの体験談が中心なので、ご意見だったり質問もたくさんあると思います。

そんな時はサイト内のコメント欄や、Twitterなどでご連絡をいただけたらうれしいです。

既存の記事も、より良い表現だったり新しい情報があれば修正させて頂きますし、皆さんのご意見は記事作成の参考にさせて頂きたいと思っています。

ドライオーガズムに達成するまで、そして達成した後も楽しく読み続けられるようなサイトにしていきますので、沢山のご意見をいただければすごくうれしいです。

これから『アネドラ アネロスとドライオーガズムを楽しむblog』をよろしくお願い致します!

2018年新作。挿入しやすく初心者でもアナル内で動きやすい定番のアネロス。指で前立腺を触られているような快感。

3 件のコメント

  • アネドラさん
    はじめまして、アラフォーにしてメスイキを開発し始めたLuna67♂といいます。というのも、アネドラさんのブログを見て、ドライ、メスイキというのもを知りました。アネドラさんの考えにとても共感を受け、TENGAのようにアナニーを世の中に広めたい。ぼくもそう思いました^_^
    またアネドラの記事の「初心者叱るな来た道だ、ベテラン笑うな行く道だ」にもとても、感銘を受け、ぼくはアナニー初心者なので、とても励みになります。
    オナニーって自分一人の世界だったりしますが、こうしてSNSで通じ合えるのは一人じゃないんだと思え、もっとコミュニケーションしていければなぁと思いました。
    ですので、アネドラさんのツイッターの方もフォローさせていただきました(^^)
    またよろしくお願いします(^ ^)

    • >Luna67さん
      コメントありがとうございます。ツイッターでもコメントありがとうございました。
      まだまだアナニーというか、アナルで性感を得るのって一般的ではないじゃないですか。
      徐々に仲間を増やして、実際にアナル性感を楽しむ人を増やしてもっと一般化させたいと思ってるんです。
      下半身が健康になりますから、メリットほんとに多いんですよね、アナニーって。

      • アネドラさん
        返信ありがとうございます
        本当そう思います♡
        ぼくはアネドラさんのブログに出会ってどんどんアナニーにはまっていってしまいましたある意味アネドラさんの描くアナニーを広められた内の一人です
        オナニーもそうですが、アナニーは本当に奥が深いと思いますし、一人だけで開発してるのは心身共に苦しいと思い、ぼくもツイッターでつぶやき始めました☺️
        これからもアネドラのブログを参考にさせて頂きたいと思います❤️❤️

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です