【ドラゴンディルド『凍龍』スリム】紹介。アナルプラグにも似た圧迫系快感の人外ディルド

【ドラゴンディルド『凍龍』スリム】紹介。アナルプラグにも似た圧迫系快感の人外ディルド
アネドラ
アネドラ(@ene_dry)です。
今回は人外ディルドで有名な大人のおもちゃ通販大魔王さんのオリジナル商品の中から『ドラゴンディルド凍龍スリム』を紹介します。
元々は「凍龍」というドラゴンディルドがあったのですが、見た目は可愛いのにサイズがめちゃくちゃ大きいw
というわけでもう少し小さいモデルが出れば良いのにという声にお応えして、今回スリム版の凍龍が発売されました。
スリム版と言ってもドラゴンディルドらしい凶悪さは保ったまま。
見た目の可愛さとのギャップがこれまたエグいディルドです。

『凍龍』スリムの説明をする前に、ぼくは女装男子なのでアナルオナニーでの使用となります。
ディルドなのでもちろん女性の方もご使用いただけるので、男女共にぜひ凍龍スリムのハンティングにチャレンジしてほしいです。

『凍龍』スリムはオリジナルアダルトグッズ製作で定評のある大人のおもちゃ通販大魔王さんが作っている「Amazing Beasts(アメイジング・ビースト)」という人外ディルドのシリーズになります。
オリジナルアダルトグッズというと多くのメーカーさんは売れ筋商品をベースにしながらアレンジとか、値段を下げたものとかで売れ行きを見込めるオリジナルのものを作りますが、大人のおもちゃ通販大魔王さんは「人じゃないディルド」という

「いやそれ一歩間違ったらぜんぜん売れへん可能性あるで!」

みたいなものを作りますw

以前から大人のおもちゃ通販大魔王さんには「アネドラさんにドラゴンディルドを試してほしいんですー」って言われてたんですけど、いや「サイズ的にきついっすw」ってことで尻込みしていました。
お尻に入れるものを尻込み。

そんな中、スリム版が登場ということで『凍龍』スリムでアナニーしてみました。

見た目は初心者向けに見えますが、徐々に太くなっていく感覚と圧迫感はかなり強め。
普通のディルドとも質感は違うし、アナルプラグとも質感が違って、アナルを責められながら徐々に拡張させられていくような攻撃的なドラゴンディルドです。

凍龍がスリムになって挿入しやすくなった。アナルプラグのような強烈な圧迫感と、デコボコした表面がアナル内を刺激する新しい人外ディルド。

ドラゴンディルドとは

ドラゴンディルドとは大人のおもちゃ通販大魔王さんの「Amazing Beasts(アメイジング・ビースト)」というドラゴンだったり伝説のモンスターをテーマにしたアダルトグッズの1シリーズです。

ドラゴンのペニスをモチーフにしたディルドで、人ではないディルドということで独特の形をしていて、種類ごとに楽しみ方だったり使用感っていうのが全然違います。
まさにモンスターを順番にハンティングしているような、一般的なディルドとは違う楽しみ方ができるシリーズです。

そもそも普通のディルドだってちょっと形、長さ、太さ、硬さが変わると使用感って全然違ってきますよね。
独特な形状だからこそ新しい発見や新しい快感を見つけることができるシリーズです。

ドラゴンディルド『凍龍』スリムについて

ドラゴンディルドとは

そのドラゴンディルドシリーズの第4弾「凍龍」のスリム版が、この記事で紹介する『凍龍』スリムになります。
スリムじゃない版はとにかく太くてサイズを見るだけでも初心者お断りみたいな感じでした。

今回、スリム版になって最大径が38mmに。
38mmと言うと一般的なディルドでいうとMサイズからLサイズぐらいですし、アネロスで言うと大きいプロガスムを2mmぐらい大きくしたレベル。
アナニー経験者であれば十分に挑戦できるサイズ感になりました。

ちなみに元々は35mm以下を目指していたそうですけど、デザインが崩れてしまうということでこの38mmに落ち着いたそうです。
個人的には35mm以下ができていたらもっと初心者も購入しやすかったかなと思いますが、形状を優先するほうが大事ですよねって思います。

形の特徴

形の特徴

炎龍はトゲトゲした形、岩龍はドリルのような形と攻撃的な箇所がありましたが、凍龍は全体になだらかで刺激よりも「ふくらみ」という要素で快感を与えてくれます。

見た目で分かる通り先端は細めですが、徐々に太くなっていって真ん中ところがぷっくりと膨らんでいます。
見た感じはアナルプラグのように見えますけど、先端が細くて徐々に太くなっていく感じだからドラゴンにアナルを広げられながら責められているようなそんな感じ。

挿入した後は直腸を押し広げられるような状態になって、アナルをキュッキュッと締める感じで力を入れると凍龍の圧迫感をより楽しめるようになります。

アナルが慣れたあとはそのまま凍龍をストロークするのですが、アナルが押し広げらる感覚を何度も味合わされるなかなか強烈な快感になります。
底が吸盤になっていることもあり、壁や床に取り付けることで腰を振って楽しむこともできます。
動かして楽しめる点はアナルプラグとの違いですね。

挿入しっぱなしでも気持ちいいし、ストロークでも気持ちいいおもしろい形です。

大きさの特徴

大きさの特徴

『凍龍』スリムというスリム形状にはなりましたが、一番太い部分で約38mmです。
これはアネロスだとプロガスムよりも少し大きく、一般的なディルドだとMからLサイズぐらいの感覚になります。

ただ、一般的なディルドとは形が違っていて中心部がぷっくりと膨れたような形になっていますよね。
普通のディルドは亀頭部分が一番太いことが多いんで、亀頭が挿入できればあとはストロークしやすいです。

でもこの凍龍スリムは徐々に太くなっていく形なので、ストロークしようとするたびに肛門を押し広げられるような感覚になります。

アナルプラグ好きな人なら分かると思うんですけど肛門を押し広げられる感覚自体が重みのある快感です。
アナルプラグは出し入れに向いてないですけど、この凍龍ならばストロークできるので押し広げられる重い快感を繰り返し味わうことができるわけなんですね。

全体の質感と硬さ

全体の質感と硬さ

『凍龍』スリムは硬さにソフト、レギュラー、ハードの3種類があります。
ぼくはオーソドックスなレギュラーで試しています。

レギュラーだとちょっと柔らかい感じで手に取った感触はモチッとした感じです。
硬すぎもせず、柔らかすぎもせず。
なのでアナル内に入ったときも太くてちょっと柔軟性のあるようなそんな感じでアナル内を責められる、そんな感覚です。

ローションを留まらせる効果+デコボコ自体がアナル内を刺激するというそんな効果

面白いのがちょっとデコボコした形状で、これはローションを留まらせる効果+デコボコ自体がアナル内を刺激するというそんな効果があります。
たぶんデコボコに沿って直腸が勝手にフィットしようとし、ストロークする毎に直腸がグイグイと動くようなそんな感じで気持ちよさが生まれているのかもです。

かなり独特な気持ちよさなので、アナニー初心者の方は少し太いと思われるかもしれませんが、他にないディルドなので一度チャレンジして欲しいですね。

それではここからは『凍龍』スリムの楽しみ方を具体的に紹介していきます。

ドラゴンディルド『凍龍』スリムの楽しみ方

ドラゴンディルド『凍龍』スリムの楽しみ方

ディルドではありますが形状が特殊。
ということでアイデア次第で楽しみ方っていうのは広がっていきます。

ここからはぼくが見つけた『凍龍』スリムの楽しみ方を紹介します。

徐々に広がっていく圧力を楽しむ

『凍龍』スリムは先端は細く、徐々にアナルを広げられるような圧迫感を味合わされるところが特徴です。
つまり、その圧力が徐々に加わっていくこと自体を楽しみます。

全部挿入するには少しハードルが上がりますけれども、先端だけであればアナニー初心者にも簡単に挿入することができます。
肌触りもやわらかいし、吸盤がついているので手を使わなくても挿入しやすいです。

つまり、アナルの経験が少なくても無理なく徐々に挿入していくことで「拡張」という楽しみ方ができるということなんですね。

1回の挿入でいきなり『凍龍』スリム攻略は難しいかもしれませんが、他のアナルグッズと違って段階的攻略できるという点は大変面白いです。
最後まで入ったときの感動から来る気持ちよさ、ぜひ味わって欲しいです。

先端の優しくなでられる感じと、挿入後の圧力攻撃の違いを楽しむ

先端の優しくなでられる感じと、挿入後の圧力攻撃の違いを楽しむ

『凍龍』スリムはその肌触りも特徴で、チープなディルドだと素材感からして硬かったり突っ張るような感じがあります。
でも『凍龍』スリムは触ってみると分かるんですけどほんと優しい質感で、先端だけであれば優しくアナルを撫でられるようなそんな気持ちよさがあるんです。

ただ優しいかなと思って挿入していくと、中盤から急に圧力攻撃を与えてくるところが人外ディルドだなって感じですw

先端だけであれば簡単に入るしやさしい。
でも徐々に圧力攻撃が強まって中級者向けの感覚になってくる。
挿入してしまうとアナルプラグのように抜けにくくなる。

挿入し具合や動かし方によって快感の表情が変わってくるところが人外ディルドっぽいなと感じます。

アナルで『凍龍』スリムを握るように力を入れて快感を楽しむ

ドラゴンディルド『凍龍』スリムの楽しみ方

一般的なディルドだと、挿入後にピストン運動させて楽しみますよね。

でもこの『凍龍』スリムは素材感がモチモチっとしていて中心部がぷっくり膨らんでいます。
だから挿入後にアナルでギュッギュッと握るような力の入れ方をしても気持ちいいんです。

握ることで手のツボを刺激するマッサージ器具のように凍龍のデコボコ感がアナルに刺激を与えてくれますし、「アナルで握る」という行為自体がアナルの筋肉を自分で刺激する形になって筋肉がほぐれて感度が上がってきます。

ああ、凍龍にアナル調教されてるようなそんな感じでもありますねw

コブを楽しもう

『凍龍』スリムはツルツルではなくて、表面のデコボコが特徴的でおもしろいです。

このデコボコはローションを滞留させる効果もあるそうで、一般的なディルドだと徐々に乾いてきて摩擦を感じるものもあるんですけど、このデコボコのおかげか長い時間挿入していても摩擦をそんなに感じません。
摩擦を感じないのは表面加工の素晴らしさもあるかもしれませんが、デコボコの特徴が出た結果なのかなと思います。

それと挿入して動かしていると、このデコボコが丁度いい具合に直腸に刺激を与えてくれるんですね。
肉壁っぽいというかドラゴンのディルドで責められている感じを楽しめて、ペニスをねじ込まれている感と「vs『凍龍』スリム討伐!」っていうのを楽しめたりします。

最後に:クール系ローションで『凍龍』スリム討伐

最後に:クール系ローションで『凍龍』スリム討伐

これは大人のおもちゃ通販大魔王さんの紹介に書いてたんですが「ぺぺ・クールミント」のような冷感系ローションならより凍龍らしさを楽しめるよっていう話です。
なるほど、ローションで冷たさを生み出したらドラゴン討伐感めっちゃでますねw

クール系ローションでのアナニーは新しい刺激になりますし、炎龍だと温感系ローションを使うのも面白いかもしれません。

というわけでドラゴンディルド『凍龍』スリムについて紹介をさせていただきました。
人外ディルドということでアイデア次第ではいろいろな楽しみ方ができますし、種類によって形が全然違うので人のペニスとは違う楽しみ方ができるところが楽しいです。

『凍龍』スリムの特徴をおさらいすると

  • 頭は細くて徐々に拡張される感じ
  • 中心部が38mmと太くて圧力感のある快感を楽しめる
  • 挿入後に凍龍をアナルで握る感じで楽しんだり、出し入れしてその太さを楽しむ

という感じになります。

「Amazing Beasts(アメイジング・ビースト)」はそれぞれ形が全然違うので、想像力次第では数多くの楽しみ方ができると思ってます。
凍龍以外もおもしろい形のものがあるので順番に試していこうかなと思っていますが、もしお勧めのディルドだったり自分が見つけた楽しみ方みたいなのがあったらぜひ聞かせてくださいー。
みなさんの楽しみ方、ぜひお待ちしております。

【ドラゴンディルド『岩龍』スリム】紹介。アナニー初心者にもお勧めのドリル攻撃の人外ディルド

2020年10月24日

アナニー初心者のためのアナルオナニーのやり方まとめ

2021年3月23日

ディルドアナニーとは?ディルドを使った男のアナルオナニー入門

2019年8月25日
凍龍がスリムになって挿入しやすくなった。アナルプラグのような強烈な圧迫感と、デコボコした表面がアナル内を刺激する新しい人外ディルド。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です