ドライオーガズムとは何かを理詰めで簡単にまとめてみた

ドライオーガズムとは何かを理詰めで簡単にまとめてみた

ドライオーガズム=男が射精せずにイクっていうオーガズムです。

僕もドライオーガズムってものの存在を知るまではイク=射精するでした。
みなさんそうだと思いますし、ドライオーガズムをまだ体感していない人は今でもそう思ってると思います。

僕がドライオーガズムをはじめて体感したときは「あれ、イッたのに射精してない」って感じでした。
ドライオーガズム専門の風俗店「マル秘堂」さんの経験の話なんですけど、イッたときに「今って射精してますか?」って聞いたぐらいです。

大阪は西中島南方にあるドライオーガズム性感「マル秘堂」さんに行ってきました。(この記事は2012年4月に書いた記事です)僕は風俗にほとんど行かないため、このような...

イッたときに射精しているかしていないか。
ドライオーガズムに達したか達してないか。
その区切りは射精のメカニズムにあるのではないかと思い、今回の記事は僕の経験を踏まえて考察してみました。

別にメカニズムを知らなくてもドライオーガズムに達することはできます。
でも男の人って理詰めの人が多いですよね。
なのでこの考察を読んで、理詰めで頭で納得することでドライオーガズムに達する人もいるはず。

ぜひ最後まで読んで頂いて、もしご意見があればコメント欄に書いてもらえたら嬉しいです。
そのコメントを元に僕の考察も深まりますし、意見の共有でみんなのドライオーガズムの知識が深まるはずです。

射精のメカニズム

縦型動画 040 ~亀頭にキスする可愛いフェラ~ 今村加奈子

射精は脊髄反射です。

膝を叩くと勝手に脛が持ち上がることは知ってますよね。
あれが脊髄反射で、自分の意志に関係なく体が動いてしまう状態です。
射精もあれと同じで腰椎にある射精中枢から命令が来て射精します。

射精中枢からの命令はペニスに一定量の刺激が伝わることで発生します。
命令が発生すると自分の意思では止めることができません。
膝を叩いて脛が上がるやつも我慢しようとしてもできないです。
あれと同じですね。

射精における前立腺の役割

アナル中出し乱交ファック 白石麗奈

射精において前立腺の役割は2つあります。

前立腺の役割1.前立腺液の分泌

1つは前立腺液の分泌です。
前立腺液は精液の25%を占めていて、精液に栄養素を与えたり精子を活性化する役割があります。
精液はこの前立腺液と混ざるまでは休眠状態にあるんですけど、前立腺で前立腺液と混ざることで活性化するわけですね。

前立腺の役割2:精液を尿道に押し出すポンプの役割

2つ目の役割が精液を尿道に押し出すポンプの役割で、僕はここがドライオーガズムのポイントだと思ってます。
精液は精子、精嚢液、前立腺液が前立腺で混ざったもので、前立腺でミキサーのように混ぜられます。
そして前立腺が規則的に収縮してペニスから精液を出します。
射精のドクドク感は前立腺がポンプとして動いている状態の感覚ですね。
ポンプとして動きつつ、精液が尿道を通っていく感覚です。

つまり前立腺の収縮だけを発生させれば射精せずにイク=ドライオーガズムになるというわけです。

つまり前立腺の収縮だけを発生させれば射精せずにイク=ドライオーガズムになる

放課後に、仕込んでください ~そんなに観られると恥ずかしい~ 鈴木理沙

ここまで説明を読んだ人はピンと来るかと思います。

要は精液が出ずに前立腺が規則的に収縮すればイッたのと同じ感覚になりつつ、射精はしていないということになります。
射精しないオーガズム=ドライオーガズムになるわけです。

ペニスを刺激してのオーガズムだと射精中枢から命令が届いて精子が移動し射精します。
なので「ドライオーガズムを目指すときはペニスを触らないほうがいい」というのこういうところから来てるわけですね。

ペニスを触らなくても勃起状態が長く続いたり、ペニスの根元にある球海綿体筋(BC筋)に力が加わるとペニスを手で刺激し続けているのと同様で射精中枢から命令が発生します。

僕はノーハンドで射精できるんですけど、ドライオーガズムの研究続きでBC筋の使い方が上手いらしく、それの結果としてただの刺激無しでも射精できるように(射精中枢の命令を出すことができるように)なりました。

というわけで射精中枢の命令を無くす方法を選びつつ、前立腺に刺激を与え続けて射精時の痙攣を生み出すことがドライオーガズムと呼ばれるオーガズムを生み出すわけです。

ポイントはやっぱり前立腺です。
前立腺をマッサージして射精時の痙攣を生み出してあげること(ポンプのような動きを生み出してあげること)がポイントになります。

前立腺を刺激してドライオーガズムに達する方法

射精中枢の命令を発生させないようにしつつ、前立腺が射精時のような痙攣を生み出すようにするには前立腺への的確なマッサージが必要になってきます。

前立腺の刺激方法1:前立腺マッサージの慣れた人に触ってもらう

オスガズムWキャスト~最強のOG2人がオスガズムに帰ってきたスペシャル

1つは前立腺マッサージに慣れた方に触ってもらう方法です。
ペニスは激しく一気に責め立てれば射精を伴うオーガズムに達しますけど、前立腺は女性器と同じでリズミカルに時間をかけてマッサージしないとオーガズムの状態になりません。
そのリズムを知った熟練者に前立腺を刺激してもらうのがドライオーガズムに達する1つ目の方法になります。

このマッサージは指に限らず、アナル用アダルトグッズで刺激されたり、ペニスなどでも可能です。
ペニスでドライオーガズム。
甘美な響きですけど、人によってはペニスを挿入することへの抵抗や相手を見つける難しさもあるので選択肢の一つということで。

前立腺の刺激方法2:アナル用のアダルトグッズを使ったアナルオナニー

前立腺の刺激方法2:アナル用のアダルトグッズを使ったアナルオナニー

もう1つはアナル用のアダルトグッズを使ったアナルオナニー、つまりアナニーによる前立腺刺激です。
アナル用アダルトグッズはディルドだったりアナルバイブだったりがありますが、このサイトではアネロスという道具を推奨しています。

アネロスは元々はエネマグラと呼ばれていたものなんですが、最初は前立腺の医療マッサージ用に作られました。

医療用なので的確に前立腺をマッサージできるんですが、治療中の方からオーガズムを感じるという話が広まってきて「エネマグラ=ドライオーガズムを感じることができる道具」として認知されるようになりました。
ちなみになぜアネロスという名称になったのかというと名称に関する管理の問題でエネマグラという名前が不当に使われてしまって正規品のもの以外が広まってしまったからなんですね。

なので現在はアネロスという商品名のものだけが正規品のエネマグラとなっています。

アネロスでドライオーガズムに達する流れ

ドライオーガズムとは何か?初心者向け、アネロスでドライオーガズムに到達する手順、やり方

先ほども書きましたがアネロスは前立腺をマッサージする医療用の道具として開発されました。
なので他のアダルトグッズよりも安全に、的確に前立腺をマッサージすることができます。

と言ってもアナルに何かを挿入するっていうのは怖いですよね。
そんなあなたのためにアネロスでドライオーガズムに達するための流れを説明します。

まずアナルというのは排泄物がでる場所なのでそのままだと不衛生です。
ですのでアナル洗浄が必要になります。

シリンジという針のない注射器や、ウォシュレットを使ってお尻にお湯を注入し、そのお湯を出すっていうのを繰り返します。
要はお尻のうがいですね。
ウォシュレットはコツが必要なので、はじめはシリンジでお湯をお尻に注入するのをお勧めしています。

次にお尻を指でほぐします。
運動するときって先にストレッチをしますよね。
それと同じでお尻の筋肉をほぐしてあげて、動きやすくしてあげる必要があります。

それがお尻のマッサージです。
お風呂で体を温めてあげて筋肉を柔らかくし、さらにローションを使って肛門をほぐして指を挿入します。
アナル洗浄済みなので指を入れても汚くないですよ。

アネロスヒリックス

お尻をほぐした後、アナル内にローションを3ml程度シリンジで注入し、アネロス本体にもローションを塗ってアネロスを挿入していきます。
この時、便を出す感覚でいきむと入りやすくなります。
痛みが出たら挿入をやめること。
アナルのほぐしが足りないと痛みがでますので、しっかりほぐしてからアネロスを挿入してください。

挿入したら15分ほどそのままベッドで寝て、アネロスをアナルになじませます。
呼吸している間もお腹の筋肉やお尻の筋肉は動きます。
軽くアネロスを指で触ってみると分かりますが、呼吸しているだけでもアネロスは動いています。
15分の間、ゆっくりと横になっているだけでもアネロスはアナル内で勝手に動いて前立腺をマッサージしてくれています。

そして15分のリラックスタイムが終わったら、前立腺の位置を意識しながらお尻に力を入れてみましょう。
この時、肛門の筋肉は緩めつつ、肛門の少し体の内側にあるPC筋と呼ばれる筋肉に力を入れます。

おしっこを我慢する筋肉です。
筋肉にまったく力を入れない状態と、PC筋に力を入れた状態とを比べると、PC筋に力を入れた方がアネロスが前立腺を刺激するのが分かります。
その状態で呼吸を続けると、アネロスは前立腺を刺激し続けてくれます。

アネロスの使い始めの数回はドライオーガズムどころか気持ち良さも感じないかもしれません。
でも続けてアナニーをしていると前立腺の気持ちよさに目覚めていきますし、前立腺独特の快感に気づきます。
その快感に浸って、快感がどんどん膨らんでくると射精を伴わないオーガズムであるドライオーガズムに行き着きます。

もっと詳しくやり方を知りたい方は「ドライオーガズムとは何か?初心者向け、アネロスでドライオーガズムに到達する手順、やり方」を読んでください。
長い記事ですがアネロスを使ってドライオーガズムに達する知識を詰め込んでいます。

こんにちは。アネドラと申します。僕はドライオーガズムをみんなに体感してほしいという思いで、2011年からアネロス(エネマグラ)とドライオーガズムについてのブログ...

まとめ

まとめると

  • 前立腺は精液を尿道に押し出すポンプの役割を持っている
  • 精液が出る時にドクドクした感じになるのは前立腺のポンプの影響
  • 精液を出さずに前立腺のポンプの動きを発生させれば射精せずにイッた気持ち良さを味わえる
  • 前立腺を一人で刺激するのであれば、医療用前立腺マッサージ器として生み出された「アネロス」が最適

となります。
メカニズムを知るとそんな不思議ではないことが分かりますよね。

ただその射精をせずに射精した時のような前立腺の動きを生み出すって言うのは時間がかかります。
感覚的なものもありますし、アネロスを扱うお尻の筋肉(PC筋)は慣れないとなかなか上手く動かせません。
でも繰り返しやっていると前立腺の気持ち良さは分かってきますし、お尻だけでイクことも可能なわけです。

ドライオーガズムって都市伝説でしょ?って半信半疑に思っている人も、ぜひこの記事をきっかけにチャレンジしてみてください。

2018年新作。女性型ドライオーガズム(メスイキ)を味わいやすい。前立腺刺激よりもアナルの上下運動の気持ち良さを楽しむ上級者向け。

3 件のコメント

  • ドライオーガズムについて質問よろしいでしょうか?
    私は恐らく中学生の頃から後ろの穴にペンなどを入れて快感に浸っておりました。ここ1年ほどは進学を機に下宿をはじめ、ディルド(直径2.2cm程度)を購入し楽しんでいます。ドライオーガズムという現象もそのとき初めて体感したと思っています。

    しかしながら、こちらのサイトでは快感を得る道具としてアネロスをお勧めされているとお見受けしました。ディルドを使用したドライの誘発は邪道なのでしょうか?そもそも私の感じている快感がドライオーガズムなのかどうかもよくわかりません。ピストン運動により、強い快楽を感じていますが、アネドラさんのご説明されている手法では、器具を手で触れることもあまり良しとしないような印象を受けました。
    ただ、こちらのサイトの情報を見る限りではオーガズムに関して共感する部分が非常に多く、また自分自身でも明確に射精せず絶頂を迎えたと認識しております。

    幾分知識が乏しいもので、理路整然と記事を執筆されているアネドラさんにご教授いただけないかと思い質問させていただきました。特にご説明いただきたい点としては、アネドラさんは絶頂を射精のような感覚と仰っておりましたが、私の場合ですとそれは全く感じられず、どちらかというと意識が遠くに持って行かれるような感覚です。やはりドライには達していないのでしょうか?

    文章が冗長となってしまい申し訳ありませんが、ご回答いただけると幸いです。

    • >yukiさん
      コメントとご意見ありがとうございます。
      まず僕のスタンス、このサイトのスタンスとして「アナニーに邪道なし」というのがありまして、僕はアネロスを推奨してのドライオーガズムの話をしていますけれども、その人が気持ちいい事ならそれは否定しないし、逆に言うと話聞かせてって感じです。

      ディルドとアネロスについてですけれども、アネロスは手で触れずに使ってアナルの筋肉を鍛えるようにして楽しむと強い快感を得れるように体が変わってきます。
      一方ディルドは手で挿入したり、どこかに固定して腰を動かして楽しみます。
      なのでそもそも使い方が違いますし、どちらが邪道とかはないです。
      ディルド派の人はディルドで楽しめばいいと思いますし、アネロスは初心者でも楽しめるという意味で僕は推奨しているのでそれぞれです。

      「絶頂を射精のような感覚」というのは男性型ドライオーガズムの事ですね。
      これは前立腺や精嚢を刺激することで射精のように前立腺がドクドクして、射精のようなイキ方をするんだけれども精液は出ていない状態です。
      yukiさんのディルドの使い方では男性型ドライオーガズムに到達するアプローチ、刺激の仕方ではないのかもしれません。
      意識が遠くに持っていかれるっていうのはどちらかというとメスイキ(女性型ドライオーガズム)の状態ですね。
      あとはイッたかどうかの認識があるかどうかです。

  • 当方、十数年間アネロスを使ってアナルオナニーをしている者です。昔は媚薬として売られていた薬剤などを使って開発をしていましたが、それらを使わなくなってからドライに達せられるかは5分5分という状況でした。
    おりに、先日病気で長期の入院をしたのですが、その際、膀胱炎の症状が出た際に、泌尿器科の先生から前立腺肥大の治療薬であるザルティアを処方されました。その後、症状が改善し無事退院できたのですが、調べてみるとこのザルティアという薬は成分的にはED治療薬のシアリスという薬と同じものらしく、その時たまたま知った「女性の不感症にもバイアグラなどED治療薬が効果的である」という知識と合わせて、試しにアナルオナニーの際に使ってみようと思い立ちました。
    結果、アナルの感度がとても上がり簡単にドライオーガズムに達することができました。たしかにED治療薬だけあって陰茎のほうも勃起してしまうのですが、あまり気にせずアナルの快感に集中するとやはり快感が強いのでオスイキ、メスイキともに使うデバイス(ヒリックス、ユーホー)や刺激部位を変えることで得ることができました。ちなみに、使用したザルティアは5mgと一般的なED治療の量に比べれば少量です。あと、いつものセッティングなのですが精神的な不安感を除くためにレッドブル(カフェイン+アルギニン)も飲みました。

    先日こちらのサイトを発見して、今まで体系化されてなかったアナルオナニーを普及なされている素晴らしいサイトだと感じましたので、最近の自分の体験をお話させていただきました。
    ED治療薬による感度上昇というアプローチも是非お試しいただければと思います(ちなみにED治療薬は個人輸入で誰でもネット上で手に入れられます)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です