女装男子のぼくが女装のためにスキンケアをしてたら友達が増えた話

女装男子のぼくが女装のためにスキンケアをしてたら友達が増えた話

この記事では

「スキンケアはコミュニケーションツール」
「ケアをして清潔感を出すだけで人付き合いは変わる」
「継続したケアで手に入れたお肌は好印象を与える」

というお話を書いています。

アネドラ
アネドラ(@ene_dry)です。
女装のために脱毛やスキンケアをしているんですけど、そういえばやり出してから友達は増えてきたし、仕事でもコミュニケーションが円滑に進んでいることに気付きました。

ぼくがそもそもスキンケアをやりはじめた理由は2つありまして

①誕生日に嫁からブランド物のスキンケアセットを貰った
②ヒゲ脱毛をしていたら肌をもっとキレイにしたくなった

なんですね。

スキンケアって適当にやってたんで、せっかくだからデパコスのカウンターで美容部員さんに詳しいやり方を教えてもらったんですよ。

ぼくは何かをはじめるときは凝るタイプなんで「知識ゼロなんでめちゃくちゃ常識的なところから教えて下さい」って言って、ひとまず3ヶ月続けてみました。

そしたらいつも行くカフェの女の子に「肌キレイになってません?」とか言われるようになり、もしかしたらそれでぼくも前向きになったのかもしれないですけど、色んなところで友達が増えるようになりました。

見た目ってコミュニケーションツールなんだなと実感しています。

試しに美肌アプリを使って美肌になった自分を見てみる

美肌になるって時間がかかりますんで、実際に自分が美肌になったらどうなるかをアプリで試してみましょう。

カメラ360
BeautyCam
B612

このあたりのアプリが有名です。
お試しで美肌体験するだけだからどれでもOKです。

使ってみると分かるんですけど、お肌がキレイになるだけでイケメンになった風に感じませんか?

それと美肌って清潔感を感じることに気づいていただけたと思います。

極端な話、スキンケアを一切しない人とちゃんとケアする人だったら、人付き合いが変わってくるのは分かっていただけるかと。

女性になったつもりでスキンケア

ぼくの場合、元々が女装が目的でスキンケアをはじめましたんで、スキンケアをしている時間って女性になった気分なんですね。

なのでスキンケアの時間自体が女性になりきっている時間で、言ってしまえば女装を楽しんでいる時間でもあるわけです。

「女を装う」と書いて「女装」ですけど、女を装おうとする時間もぼくにとっては「女装」なんです。

スキンケアのやり方

ごく基本のやり方になるのですが、ぼくが教わって続けているスキンケアのやり方を紹介します。

スキンケアはプチプラでも良いものはあるのですが、最初だからお値段が張ってもいいものを使って欲しいです。

初期投資したほうが「お金出したから続けないと」ってなりますし、習慣づけされるまでが大変なので無理やり続けれるようにしたほうがいいので。

日焼止め、洗顔、保湿の3つをきっちりやりきる

まず第一に考えて欲しいのは日焼け対策です。
日焼けのダメージって想像以上にすごくて、UV対策をしっかりやるだけでお肌ってすごくキレイに戻っていくんですよ。

続けてみると女性があれだけ日焼止めにこだわる理由が分かりますよ。

次にやって欲しいのが洗顔です。

良い洗顔って洗い上がりの肌の感覚が違うし、皮脂の汚れとか毛穴の汚れが落ちると顔のトーンが変わってくるんです。

メンズの洗顔って安いものか高いものの値段が極端なものが多いですけど、いいやつを使ってみると洗顔の凄さが分かりますよ。

最後に保湿です。

洗顔したあとのお肌に化粧水をつけてあげるんですけど、このクリニークの化粧水は「ふき取り化粧水」というものなんですね。

コットンに浸み込ませてあげて、お肌の汚れを軽くふき取るようにしつつ保湿するタイプです。

化粧水だけだと水分が飛んでしまいますんで、モイスチャライザー(いわゆる乳液)でお肌にパックしてあげると完成です。

最低でも1ヶ月続けると効果が見えてくる

これらを毎日きっちり、最低1ヶ月続けてみてください。

1ヶ月だと自分しか気付かないレベルかもしれませんけど、確実にお肌って変わってくるんですよ。

あと1ヶ月続けるとそれが習慣として身につきますんで、最初はめんどうだなと思ってたことも歯を磨くみたいにすーっと何も考えずできるようになります。

身だしなみをきっちりすると清潔感が出てきて、清潔感がでてくると中身もきっちりしていそうに見えてきます。

そうなると自分でも自身がでてきてコミュニケーション力は上がりますし、なんか知らないんですけど最近、女子の友達がめっちゃ増えたんですよね。

おかげで美容情報もいろいろ交換できて大変助かってますw

海月姫のセリフ

海月姫

最後に、マンガ「海月姫」のセリフも紹介させてください。

「いい? 着る物一つで人間これだけ変われるんだよ。

だからって、あんたらの服の趣味を変えろって言ってる訳じゃない。

ただ、今までのままじゃ敵と戦えない、ってことだけは分かってほしい。

悲しいけど、世の中には人を見た目で判断する人間がいっぱいいるんだって。

もちろん、敵もそういう奴らだ。

だから、鎧を身にまとえ。おしゃれは強く生きるための武器なんだよ」

この海月姫のセリフはファッションに対する話ではありますけど、身だしなみを整えるという意味では胸に刺さる言葉だなとぼくは感じています。

ケアを継続するだけで人の目は代わりますし、女装をするしないにしてもコミュニケーションはとりやすくしておいたほうが生きやすくなります。

もしクリニークのシリーズが高いなと思ったら、もう少し手ごろな商品でも良いですので「継続」を大事にして「日焼け対策」「洗顔」「保湿」を試していただきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です