アネロス挿入前に行うアナルの洗浄とアナルのマッサージについて(アネロス挿入編)

アネロス挿入前の身体の準備(2-1 アネロス挿入編)

アネロスを挿入するまでの流れを解説します。
アナルの洗浄とアナルのマッサージに関してです。

まずはアナルの洗浄から

アネロスの準備に置いて最も重要なことはアナルの洗浄です。
まだ「アナニー前に行うアナル洗浄の基本」を読んでない人は先に読んでしまいましょう。

アナニー前に行うアナル洗浄の基本(アネロス準備編)
アナルを洗浄せずにアネロスを入れても便が付かないことがありますが、便がお腹に残っていると徐々に降りてきて、最後にはアネロスに便が付着することがあります。その...

まずはアナルの洗浄をしっかりした上で、体の中に便が残ってないようにしましょう。
トイレで排便を我慢する際はエロ本などで気分を高めておくのもいいでしょう。

お風呂で体を温めて肛門をマッサージする

体が温まると体が柔軟になるのはご存知かと思います。
肛門などのアナルの筋肉も同じです。
まずはお風呂に使って全身の筋肉をリラックスさせましょう。

体を温めた後は肛門をマッサージします。
はじめは一番小さい指である小指を挿入するところから始めます。

肛門と小指にたっぷりローションを塗り、肛門をほぐすように無理をせず徐々に挿入します。
「肛門がめちゃくちゃ固い!」って人は恐らく無意識に力が入っています。
深呼吸をしたり、便を出すようにいきんでみましょう。
いきんでみると意外とスッーと入ると思います。
とにかく脱力することが大事です。

「便が付くのが嫌だから指を入れるのは…」って思う人は、まずその意識を無くす事から始めてください。
アナルが汚いものだという意識が残っている限りはアネロスを安心して使う事はできないでしょう。
「浣腸をしているからアナルは綺麗だ」という意識まで持っていくようにしましょう。

もしここで指に便が付いてしまった人は浣腸がきちんとできていません。
もう一度「アナニー前に行うアナル洗浄の基本」を読み返してください。

痛みを感じたらやめること

腸は傷つきやすいため、もし痛みを感じたらすぐにやめましょう。
肛門の筋肉がほぐれていないのに無理に挿入した場合は痛みが伴います。
指を抜いて、もう一度ゆっくりマッサージするところから初め、徐々に肛門の筋肉を緩めていってください。

小指を入れて痛みを感じるのなら、アネロスを入れても痛みが伴うだけです。
体のストレッチと同じで、ゆっくりやれば必ず柔らかくなるので焦らずする事が大事です。

ヘッドが大きいので前立腺への刺激が強い。射精に近い快感なので初心者でもコツを掴みやすいアネロス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です