ドライオーガズム達成までどれくらいの頻度でアナル開発するといいですか?

※このサイトの記事はプロモーションを含んでいます。
\歴代アネロスのDNAを継ぐ2024年新作!/
アネロスPSY

自分好みのドライオーガズムを楽しむ
【アネロスPSY】
≪製品まとめ記事はこちら≫
ドライオーガズム達成までどれくらいの頻度でアナル開発するといいですか?
アネドラ
アネドラ(@ene_dry)です。
今回はドライオーガズムの開発頻度について質問が来たのでお答えします。
だいたいの目安が無いと分からないですよね。
ただ開発の期間だったり頻度だったりは人それぞれ。
ストレスを感じずに自分のペースで進めて欲しいです。

新しく何かをはじめるときってどれくらい努力したらいいのか悩んだりしますよね。

例えばダイエットしよう!ってなった時に生活リズムの関係で毎日運動が出来る人もいれば、週に1回2回しかできないよって方もおられたりすると思います。
あとは普段から運動習慣があるかどうかで一日の運動レベルも変わってきたりするはずです。

アナニーはできるだけ頻度を上げた方がいいんですけど、アナニーって時間がどうしても掛かるし生活のリズムが狂ってしまうと思います。

というわけで今回はドライオーガズムを目指す際のアナニーの頻度の考え方について解説します。

2021新作。前立腺を強制的に圧迫するような快感の大型アネロスのNewモデル。アイス素材の「アイス」「ブラックアイス」も。

頻度は多い方がいいが、まずは生活のリズムを大切にする

頻度は多い方がいいが、まずは生活のリズムを大切にする

まずは先に頂いた質問から紹介します。

ドライオーガズムに興味があり、こちらのブログにたどり着きました。
何度かエネマを試したことがあるのですが、まだなんとなく気持ちいかも?っていうレベルまでしか感じたことがないです。
人によるがドライに達するまで半年以上かかることが多いとのことですが、
だいたいどれくらいの頻度(週何回とか)で開発するといいとかございますでしょうか?
もちろん人それぞれだとは思うのですがあまり間が空くと(1ヶ月とか)あまり意味ないのかなぁと思ったりもしたので質問させて頂きました。

結論から言ってしまうと頻度は多い方が良いです。
運動と一緒であまり期間が開きすぎると体に身に付かないですし、開発を進めるというよりも前回の復習だけで終わってしまいます。

でもいきなり「毎日やってください」と言われたらハードルは高いですよね。
急に詰めてやりだしても生活のリズムが狂ったりとか、体にも負担が生まれたりします。
筋トレや有酸素運動でもいきなり毎日やるのって大変ですもん。

まずは週1を目安に2ヶ月ほど続けてみてください。
2ヶ月も続けていると習慣づきますし、アナル洗浄などのアナニーの準備も慣れてきて簡単にできるようになるはずです。

それと習慣づけできるようになるとアナニーを始めようとする段階で興奮してきますし、快感だって高まりやすくなります。

できれば週末土日の2回とか、週末と週半ばで週2回なんていうのもお勧めです。
まずは自身の生活ペースに合わせて調整してみてください。

性欲を意識すること。作業的にならないようにしよう

ペニクリ美少女でケツイキ初体験。お尻で交わる濃厚レズアナル性交。 沙月恵奈 一ノ瀬ラム

頻度も大事なんですけど、大事な事は「性欲を意識」するということです。

分かりやすく言うと作業的にとりあえず毎日やるとか、そんなに乗り気じゃないけどアナル開発を進めないと駄目だからひとまずアナニーをするみたいなのってほんと効果が薄いです。

ペニスを使ったオナニーだって「うわー今日はめっちゃムラムラする!!」とか、オナ禁して射精したい欲が凄く高まってその上で新しく買ったAVを見ながらとかだったらイッたときの気持ちよさが凄いじゃないですか。
逆にサクッと抜いた時って気持ちいいは気持ちいいけど、なんか消化不良みたいな気持ちよさで止まるじゃないですか。

アナニーの場合はペニスオナニーよりもそれが謙虚で、興奮が高まった状態じゃないとぜんぜん気持ちよくならないし、ドライオーガズムにも全然届かなかったりします。

なので頻度を上げつつ自分が興奮するにはどうしたらいいかっていうのを考えるのも大事です。
ぼくの場合はそれが日々の女装だったり、定期的に新しいランジェリーを買って身に付けたりで性欲を高めたりしてます。

AVを見ながらアナニーするのも好きなので、時間があったら新しいAVの探索なんかもしますけどやっぱり興奮凄いですね。

何気なくお風呂で体を洗いながらAVの音声を聞いたりとか、スマホじゃなくテレビの大画面でAVを見るとかそういうのもお勧めだったりします。

始めの頃は頻度を上げ気味にして、慣れてきたら少しペースを落とす

メンズエステ男の娘 ゆぅり

アナニー初心者の頃は週1~2回ペースを続けてください。

そしてアナニーの準備に慣れてきて、ドライオーガズムに到達できないぐらいでも大丈夫ですのでアナルの感度が上がってきたなーと思ったら少しペースを落として頂いても大丈夫です。

アナニーの準備というとアナル洗浄だったり、アネロスをアナルに挿入する前のアナルほぐしなどになりますけど、これらは慣れだったり体の準備っていう要素が大きいので、ある程度は詰めて続けた方が身につきやすいんですね。

なので始めの頃は大変に感じます。
でも慣れてくるとスムーズにできるようになるし、大変さも感じなくなってきます。

アナル感度もアナニー頻度を上げた方が上がりやすいです。
というか頻度が低いとアナル感度がなかなか上がらないし、アナルで気持ちよさを得るコツみたいなものも身につきにくかったりします。

この記事の最初に「まずは週1を目安に2ヶ月ほど続けてみてください。」と書きましたけど、だいたい2カ月もすればアナニーのコツっていうのが分かってくるはず。
そうしたら少し休み休みやっても大丈夫です。

もちろん頻度が高いに越したことはないんですが。

半年から1年っていう少し長めのスパンで楽しみながら開発する

頻度も大事なんですけど、もっと大事なことはドライオーガズム到達までは半年から1年っていう時間が掛かるって言う事を覚えておくことです。

アナニーを詰めてやってもすぐにはドライオーガズムには到達できないし、「早くドライオーガズムしたい!」っていう気持ちが強すぎると頻度を上げてもそれが逆に焦りになっちゃうこともあります。
焦ると気持ちよさって膨らみにくくなりますからね。
であれば最初から「ドライオーガズムまでは時間がかかるもの」って思っておいて、心の余裕を持った状態でアナル開発をして頂きたいです。

アナニー初心者の頃は少し頻度を上げる。
そして慣れてきたら少しペースを落としつつ、半年とか1年っていうスパンで見てアナル開発を進めてあげるって感じです。

例えば「今月は仕事が忙しい」とかだったら、もう割り切ってその1か月はアナニーを休んでも大丈夫。
それぐらいゆったりとアナル開発進めていきましょう。

アネロスに関する初心者向けの記事もあわせて紹介しますので、ぜひ続けて読んでみてくださいね。

短期間でメスイキするための9つのコツ

2019年8月5日

アナニー初心者のためのアナルオナニーのやり方まとめ

2021年3月23日

ドライオーガズムを目指す人に覚えて欲しい「これってドライ?は結構ドライ」の話

2019年10月22日
2018年新作。挿入しやすく初心者でもアナル内で動きやすい定番のアネロス。指で前立腺を触られているような快感。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です