『その指先でころがして』の感想。オネショタSEXをたっぷり楽しめるディビさんの語彙力と世界観を味わえる単行本

『その指先でころがして』の感想。ディビ著。オネショタ展開が多いディビさんの語彙力と世界観をたっぷり楽しめる単行本
アネドラ
アネドラ(@ene_dry)です。
今回はディビさんの『その指先でころがして』の紹介です。
全編、男の娘のアナル責めエロ漫画です。

アナル好きやオネショタ好きの人ならディビさんのお名前はもうご存知かと思いますが、こちらの作品もショタな男性がきれいなお姉さまに性感調教されるすばらしいエロい作品ばかり。

ディビさんの曲線の描写、そして語彙力の美しさがたっぷり楽しめる単行本です。

発情と調教のあいだ

発情と調教のあいだ

魔法薬学研修所というファンタジーな物語。

所長のリンは部下のシュウ(ショタキャラ)のことが好きというか性的な目で見てまして、さらにそのシュウも所長のことが好きでたまたま見つけてしまった下着をズリネタにオナニーしちゃうわけなんです。

そのオナニーをリンが見かけてしまって後はもう羨ましい展開にw

全3話なんですけど、1話の最後でメイド長のコハルがシュウのことをお仕置きするんですよ。

所長のリンと変なことをしたから。

で、そのお仕置きというのがシュウを調教するわけでして、あとはもう著者のディビさんお得意の?という最高にエロい物語です。

ディビさんの漫画なのに文章力と語彙力でエロさを表現する世界観もたっぷり楽しめます。

ディビさんやばいわー。

彼女のスマホに映るのは

彼女のスマホに映るのは

「男の娘オナニー動画」というタイトルの動画をネットで見かけた月島さんという女の子。
月島さんは勘付く。
クラスメイトの日下くんだと。

そして放課後に呼び出してアナニー配信、生で見せてくれる?という

おいやめろwww

っていうぼくのツイッターフォロワー勢ドキドキの展開ですw

そもそも月島さんは日下くんのことが好きなようで、脅すというよりもそれをネタに日下くんのエロいところをとことん見たいっていう愛情が込められてるんですよね。

いいなあ。
うらやましいなあ。

桜流し

桜流し

白の王国と黒き帝国の戦争というファンタジーな物語。

白の帝国には王国最強の二人の戦士「女王の剣ハルカ」と「女王の盾アキラ」がいるわけですが、その二人が帝国の黒王フユの軍門に下りたってしまうわけです。

そしてその二人の戦士は王国内でオネショタショーをしてしまうわけです。

話だけ見たらエロいんですけど、王国の希望がいきなり性欲にまみれて国民の目の前でセックス始めるとかなかなかの絶望じゃないっすかこれ。

武力ではなく、快楽での侵略。
おそろしいw

エルフ村議会公式搾精マニュアル

少子化に悩むエルフの村に住むシララですが、ホビットの男の子を捕まえて搾精をはじめちゃうわけです。

ディビさんの作品らしくホビットはショタな男の子。

最初は普通のセックスなんですけど、いきなり「前からこれ、やってみたかったんです」「前立腺責め」とか言い出してホビットのホビットをガンガンにいきり立たせて子作りを再開してしまうという。

ここが縁結びの迷宮と呼ばれるようになったワケ

ダンジョンRPGのウィザードィを彷彿されるシチュエーションの物語。

人間二人を襲うのは吸淫スライムという「キモチイイ感覚」を食料とするモンスター。

ショタ彼は女剣士を逃がしてほしいと嘆願するんですけど、吸淫スライムが出した提案は「日暮れまで射精ガマンできたら二人とも見逃してあげる」というものでした。

でも吸淫スライムがショタ彼を責めるのを見続けていた女剣士は思わずショタ彼の~という、あーなるほど「縁結び」ねっていう感じの物語です。

女子刑務所の刑務官は僕の天職でした

女子刑務所に配属されたショタ刑務官。

夜の見回りをしていると、女性囚人に捕まってしまって「ここの囚人はみんなエッチ関係で捕まった多淫症のコなんだよ?」と、大変エロい事実を知らされたままそのまま襲われてしまいます。

複数人の囚人に体をまさぐられ、前立腺をいじられ、ペニス勃起しまくりのままペニスを食べられてしまいます。

で、さらにこの刑務所には秘密がありましてその囚人に襲われていたところを実は…続きは読んでのおたのしみでw

ふたばクリニック 搾精外科

最後のこの作品がめっちゃくちゃ凄いんですよ。

オナニーで満足できなくなったショタ患者が搾精室に連れて行かれます。

そこには数々のアナル責めグッズが。

で、ここからはそのショタ患者の絵の描写が無くて待合室に聞こえてくるショタ患者と女医の声だけで展開するのです。

「期待しているとこ悪いけど今日はおちんちん触らないよ?」

「おしりからおちんちんの裏側いい子いい子して精液全部搾り取ってあげるからね?」

「はい、ここが前立腺だよ?」

「お射精して見せて?」

などなど4ページにわたってたっぷりディビさんの語彙力を魅せつけられ、なおかつ待合室にいる看護師さんと他の患者さんがそのエロさに悶絶するというw

ディビさんワールドがたっぷり出たやばい作品ですw

まとめ

と言うわけで全話、中身がわからない程度に紹介させていただきました。

  • オネショタ展開
  • アナル責めも絡めたセックス展開が多い
  • エロだけじゃなくストーリーにも力を入れている

という感じの作品です。
中でも「ふたばクリニック 搾精外科」はディビさんの世界観がたっぷり出ててかなりやばいです。
ぜひ読んで頂きたい作品です。

『その指先でころがして』の感想。ディビ著。オネショタ展開が多いディビさんの語彙力と世界観をたっぷり楽しめる単行本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です