アネロスプロガスムが抜けてしまう2つの理由【PC筋を使えていないorアナルの柔軟性が足りない】

期間限定セール
okアネロスプロガスムが抜けてしまう2つの理由【PC筋を使えていないorアナルの柔軟性が足りない】
アネドラ
アネドラ(@ene_dry)です。
アネロスで最大級の大きさの『アネロスプロガスム
これを買ったばかりの人あるあるの話なんですが「プロガスムが抜ける」っていうお話をよく頂きます。
この記事では「アネロスプロガスムが抜ける原因」や「プロガスムが抜けないようにする方法」を紹介しています。

アネロスプロガスムは他のアネロスと比べてかなり大きい形をしています。

ぼくがはじめてプロガスムを買ったときは「これ本当にアナルに入るんだろうか」みたいな不安がありました。

実際に買ってみると、初回は結構苦労したんですけどなんとか挿入できました。

でも使っていると大きさのせいか痛みを感じるし、何回か使っていても使用中に抜けることが多かったのです。

使い続けているとその「アネロスプロガスムが抜ける現象」は無くなり、アネロスプロガスムでのものすごい快感を楽しめるようになりました。

アネロスプロガスムの使い始めは抜けやすいというのはあるある話ですから、この記事を読んでいただけたらあなたもアネロスプロガスムを楽しめるようになりますよ。

アネロスが抜けてしまう時の対処法

2019年6月29日

アネロスプロガスムが抜ける原因

そもそもアネロスが抜ける原因はなにかご存知でしょうか。

アネロスはアナルの中に入っていくような形をしていて、普通に使っていると抜けません。

じゃあなぜ抜けるのかと言うと

・意識して便を排出する力の入れ方をしているパターン
・無意識に便を排出する力の入れ方をしているパターン

便を出すような力の入れ方を意識的にしてしまっている
無意識的かにしてしまっているからです。

意識して便を排出する力の入れ方をしているパターン

アネロスは外に出そうとしても中に戻っていく形をしています。

なので排便をするときみたいな力の入れ方をして楽しむタイプの方がいます。

この使い方も間違いではないんですけど、このやり方だとふとしたときにスルッとアネロスが外に出てしまうことがあるのです。

アネロスはPC筋(骨盤底筋)で扱うのが一番良くて、PC筋でアネロスを握るような力の入れ方をすると、アナル内で上手く動いてくれます。

なので外に排出するような力の入れ方をしなくても、アネロスって勝手に上下運動するし、アナル内の性感帯を刺激してくれるんです。

無意識に便を排出する力の入れ方をしているパターン

「便を出すような力の入れ方はしていない」という方は、無意識に排出する力の入れ方をしている可能性が高いです。

アネロスプロガスムって挿入してみると分かりますけど、アナル拡張でもしていなければ大きいですよね。

なので最初の数回は大きすぎて痛みを感じる人がほとんどです。

痛みを感じるっていうのは大きすぎるからで、アナルの柔軟性がまだ足りていないときはどうしても痛みを感じてしまいます。

痛みを感じると体は無意識のうちに異物を外に出そうとします。

それが「無意識に便を排出する力の入れ方をしているパターン」です。

アネロスプロガスムがなだらかな形をしているのも抜けやすい原因

アネロスプロガスムは大きくはありますけれども、全体的に見るとなだらかな形をしています。

アネロスヒリックスと比べると凹凸も少なく、凹凸が少ないと言う事はひっかかりが少ないのでアナルの力の入れ方次第ですーっと抜けてしまうことがあるのです。

なので便を出す力の入れ方に反応しやすく、使い慣れるまでは抜けやすいです。
少しくわえ込むような感じのほうがプロガスムは楽しみやすいです。

では、理由が分かったところで具体的な対処法を解説していきます。

アネロスプロガスムが抜けないようにする方法

アネロスプロガスムは本当に気持ちいいです。

アネロスプロガスムはその形と大きさゆえに慣れるまでは抜けやすくなるかもしれません。

でも、使い慣れてくるとこの大きさだからこその気持ちよさを味わえます。

そして、なだらかな理由は大きくてもアナル内で動きやすくするためだと分かっていただけるはず。

プロガスムのヘッドはペニスの亀頭に似ていますが、ペニスで突かれるような感覚はプロガスムならではなので、ぜひアネロスプロガスムの快感に挑戦して欲しいと思います。

いやほんとに最高に気持ち良いので!

PC筋肉を上手くつかってアネロスプロガスムをくわえ込む

まずアネロスの使い方の基本は

①肛門の力を抜いてアネロスを動きやすくする
②その上でPC筋でアネロスを支えるように力を入れる

です。

PC筋はおしっこを出したり止めたりするときに使う筋肉です。
なのでトイレで「肛門の力を抜きながら、おしっこを出したり止めたりする筋肉の使い方」のトレーニングをしてみてください。

実際におしっこを出したり止めたりすると体に負担が掛かってしまうので、尿意がないときにやるのがお勧め。
トイレでやる理由は、うっかりおしっこが出ないようにするためですw

慣れてくるとこのPC筋の動きだけで前立腺への刺激が伝わって気持ちよくなれます。

ある程度分かってきたらアネロス(プロガスム以外のほうが動きが分かりやすいです)を挿入して、この動きを試してみてください。

アネロスを指で触ってみると、勝手に動くような感じでアネロスが動いているのが分かるはずです。
PC筋、重要です。

アナルの柔軟性を高めてプロガスムが抜けないようにする

アネロスプロガスムを使うときに一番大事なのはアナルの柔軟性を高めることです。

アナル拡張というレベルまで行かなくても、プロガスムは十分挿入できますし楽しめます。

ぶっちゃけ、柔軟性を高めるのに一番大事なのは「数をこなす」ということです。

ストレッチでもヨガでもなんでもそうですけど、1日目からいきなり体は柔らかくならないですよね。

同じように、アナルの柔らかさっていうのも1日目からいきなり柔らかくなりません。

プロガスムを挿入する数をこなすことで、徐々にプロガスムを受け入れられる柔らかさが生まれてくるのです。

焦らず続けることが大事ですね。

アネロスプロガスムの挿入のコツ

アネロスプロガスムは最初は全然挿入できないかもしれません。

ですので、アナル洗浄のあとにローションをつけた指でしっかりと肛門をほぐしてあげることが大事です。

アネロスプロガスムでグリグリするより、指のほうが感覚が掴みやすいのでマッサージしやすいです。

いざ挿入するときも痛みが出たらすぐに抜きます。

「無理をしない」を優先して時間をかけて挿入してください。

そして挿入後も痛みが出たらすぐに抜く。

これを繰り返しているとアナルに柔軟性が生まれてきますし、プロガスムの大きさに慣れればいずれはすんなりと挿入できるようになります。

①指でしっかり肛門をマッサージする
②痛みに気をつけながら時間をかけてゆっくり挿入する
③痛みを感じたらすぐに抜く
④挿入できたあとも痛みを感じたらすぐ抜く

とにかく体に負担が掛からないように挿入していると、徐々に慣れてきてプロガスムがすんなり楽しめるぐらいの柔軟性が生まれてきます。

この柔軟性がないと使っているうちにアナルからプロガスムが抜けるっていう現象が起こってしまいます。

最後に

最後にもう1度まとめると

・PC筋を使えていない
・アナルの柔軟性が足りない

の2点がプロガスムが抜ける原因になります。

どっちもアネロスを使う上での基本の話なんですけど、プロガスムの場合はそれが極端に出ると思っていただければ分かりやすいです。

アネロスプロガスムは本気で気持ちよくて、その大きさのおかげでアナルの性感帯にずっと当たり続けます。
アネロスってお医者様が作られた道具ということもあってアナルにめちゃくちゃフィットしますし、単に大きいアナルバイブとかディルドとは違うレベルのフィット感なんですね。

アネロスプロガスムが抜けてしまうから使うのをやめてしまったという方。

継続して使えば抜けないようになりますので、楽しみながら継続して欲しいです。

アネロスで最も大きく、前立腺を強制的に圧迫する快感は圧巻。ドライオーガズム未経験者への救世主的存在。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です