ドライオーガズムを目指す人に覚えて欲しい「これってドライ?は結構ドライ」の話

絶対に妊娠したくない性悪ギャルVS中出ししかしないおじさん あいら
アネドラ
アネドラ(@ene_dry)です。
「これってドライはドライにあらず」っていう言葉を聞いたことあると思います。
これは「これってドライオーガズム?って思っちゃうぐらいの快感はドライオーガズムじゃないよ」っていう意味なんですけど、最近はちょっと認識が変わってきてるんですよね。
今日はそんな話です。

そもそも「これってドライはドライにあらず」はドライオーガズムって明確にイッた感覚があるぐらい気持ちいいものだよっていうことを伝えたいからこそ生まれた言葉だと思います。

でも変に言葉の意味を取ってしまって、少々気持ちよくても「これはドライオーガズムじゃないんだ」みたいなマイナスな捕らえ方してしまう人も少なからず生まれてしまったんですね。

Twitterで渋谷KANGOのしらいしさんとこんな話をしていました。

さすがしらいしさん!そうそう「これってドライ?は結構ドライ」なんですよね。

「これってドライ?は結構ドライ」とは

男の新ドライオーガズム 夢のM性感痴女『真木今日子』編 初公開!撮り下ろし映像収録スペシャルエディション

射精の場合は精液を出すかどうかがイッたかどうかの判断基準になりますよね。

精液を出すこと自体が気持ちいいですし、確実にイッたことが分かります。でもドライオーガズムの場合はイッてるかどうかの判断が自分でもつきにくいものなんですね。

さらにイッた感じもよく言われる「射精の何倍もの快感」っていうものから、射精より弱い快感のものまであるんですね。

その「射精より弱い快感」を得たときに「これってドライ?」ってなっちゃうわけです。

「これってドライ?」って思うけれども、実際はドライオーガズムであることもありますし、仮にオーガズムと呼べるものではなかったとしてもアナルで気持ちよくなっているってことはドライオーガズムに繋がる快感であることには違いないのです。

なので、そういう意味で「結構ドライ」ですし、いっそ「これはドライオーガズムだ」って前向きに捕らえたほうが気持ちよさを広げていきやすいのです。

気持ち良いと認識しちゃおう

「これってドライはドライにあらず」って言葉を作った人は「本当のドライオーガズムの快感はめちゃくちゃすごいんだ!」っていうのを伝えたくて作ったんだと思います。

なのでこの言葉を批判するつもりは無いですし、むしろめっちゃいい言葉だと思います。

なので「これってドライ?は結構ドライ」とまずは思ってもらって、その上で射精の何倍もの快感であるドライオーガズムを目指して欲しいなと思います。

前向きに、ポジティブに捕らえるのが大事なんですよね。

この記事に頂いたみなさんのコメントの紹介

自分が「ドライオーガズムである」と認識しているかで気持ち良さって大きく変わるんですよね。
脳というよりも、頭を柔らかくして気持ち良さを受け止めるってことだなと思います。
あと、アナニーじゃなく相手がいる時は相手の言葉を信じて受け止めることで気持ち良くなりやすいと思います。

いやまさに名言です!しらいしさんありがとうございました。
後世まで残していきましょう!

確かに大きいドライオーガズムを感じた時に、過去のあれもドライオーガズムだったし、あれもこれも軽くイッてたなと気づくことがあります。
射精は精液がでれば確実にイッてるのに対して、ドライオーガズムって曖昧なところがあるので、自分が自分で気持ち良さを認められるかどうかがポイントかなと思いますね。

ドライオーガズムの快感について知りたい方はこの記事も併せて読んでみてください。

ドライオーガズムとは何かを理詰めで簡単にまとめてみた

2018年3月12日

アナルでイッてるのに「これってドライオーガズム?」って疑問に思ってしまう理由

2017年10月22日

エネマグラ快感レベル表を鵜呑みにしないこと。ドライオーガズムへの道は人それぞれ

2016年11月7日
ステンレス素材のユニセックス型アネロス。前立腺への刺激はないがアナルの蠕動運動で高い快感に導く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です