アネロスを使うときに勃起したほうがいいか?勃起しないほうがいいか?

アネロスを使うときに勃起したほうがいいか?勃起しないほうがいいか?
アネドラ
アネドラ(@ene_dry)です。
今回はアネロスの挿入中に勃起したほうが良いかどうかの質問がありました。
先に答えを言ってしまうと「勃起させるかさせないかで快感の質が変わるよ」って感じで、どっちも楽しめればベストですよっていう話になります。

まずは質問から紹介しますね。

Q.
アネロス挿入中、勃起しますか?させた方がいいですか?

A.
アネロス挿入中に勃起すると男性型ドライオーガズムになりやすくて非勃起だと女性型になりやすいと感じてます。初心者は勃起してる方が感じやすいけど深く考えず流れでOKです

ぼくの場合なんですけど、アナニー中に勃起していることが多いです。
勃起しているっていうことはペニスが快感を得ようとしている状態で、男性型ドライオーガズムっていう射精に近い快感になりやすくなります。

ちなみに勃起しているとトコロテンになる率も上がるかなって感じです。

トコロテンとは?【アナニーでトコロテンをする方法】

2019年9月29日

男性型と女性型のドライオーガズムについて

まず最初にドライオーガズムの質の違いについて簡単に説明します。

・男性型ドライオーガズム⇒射精に近い快感のオーガズム
・女性型ドライオーガズム⇒射精とは違う快感のオーガズム。直腸刺激、アナルの蠕動運動で得やすい

ペニスが勃起しているっていうことは、射精を楽しもうとしている状態に近い感覚になるのでドライオーガズムでイッたときも射精に近い快感になることが多いですね。

アネロスはアナル挿入なんでペニスを直接触っているわけではないんですけど、アナルという体の内側から前立腺を経由してペニスに快感が集まっていくみたいなイメージだと分かりやすいと思います。

それに勃起するとペニスに自然と力が入りますし、結果としてペニスを直接触らなくてもペニスを刺激しているのに近い状態になります。
その状態でアナニーしていると男性型ドライオーガズムになりやすくなるっていう話です。

男性型ドライオーガズムと女性型ドライオーガズムの違いについて

2019年7月2日

前立腺の勃起について

ぼくは前立腺が固くなって膨らむことを「前立腺の勃起」って呼んでます。

ペニスが勃起すると前立腺も勃起していることが多いですし、アナニーし始めの人は「前立腺の勃起」ってこと自体にイメージがつかないかもですけど、繰り返しアナニーをしたりとか自分で前立腺を直接触れば「ああ、こういう感覚か」って分かってもらえるはずです。

話を戻しますが、ペニスが勃起しているときは前立腺も勃起しやすくなります。
その状態だとアネロスが前立腺に当たりやすくなるし前立腺の感度も上がっているしで「男性型ドライオーガズム」を得やすくなります。

ただ、アナル内には前立腺以外にも「精嚢」と呼ばれる精液を溜めている部位がありまして、前立腺ではなくその精嚢を刺激するとペニスを触らなくても射精する「トコロテン」になりやすくなります。

前立腺の勃起と「トコロテン」「男性型ドライオーガズム」にはどんな関係があるか?

2019年10月3日

ペニスを勃起させてないときのアナニーは女性型ドライオーガズムになりやすくなる

メスイキ病棟非情のドライオーガズム逆痴●ナース

ペニスを勃起させてないときのアナニーは女性型ドライオーガズムになりやすくなるんですが、一応前提として「なりやすくなる」だけで勃起が男性型か女性型かの振り分けの基準になるわけではないっていうのは覚えておいてください。

なぜ勃起させていないと女性型ドライオーガズムになりやすくなるかと言うと、女性型ドライオーガズムってアネロスが直腸内を動くその感覚自体で生み出されることが多いからなんですね。

もちろん前立腺のような性感帯の刺激も必要なんですけど、直腸をやさしくマッサージし続けることでアナルの感度が上がっていってそのまま絶頂に達するようなそんな感じです。

ちなみに女性型ドライオーガズムはアナル刺激だけじゃなく、乳首を刺激することでも発生しますし、なんなら全身のどこでも優しくマッサージされ続けると発生します。
それぐらい曖昧なもので、でもマッサージで巻き起こる小さな快感が徐々に膨れ上がってそのままイクみたいな感じのものなんです。

勃起していると前立腺っていう快感を得やすい性感帯に意識が行きやすくなるので、前立腺への意識が弱まるという意味で女性型ドライオーガズムになりやすいと思って貰えたら分かりやすいかもです。

まとめると「勃起させるかさせないかで快感の質が変わるよ」って感じ

君が、メスイキできますように 稲場るか

最初にお話した結論に戻るんですが、「勃起させるかさせないかで快感の質が変わるよ」って感じで、どっちも楽しめればベストなんですね。

ペニスが勃起していたほうが射精に近い感覚のオーガズムになるので初心者の方はコツがつかみやすいですし、ペニスに意識を全然向けずに直腸を動くアネロスなりディルドなりの感覚に意識を集中させれば射精とは違う女性型ドライオーガズムになりやすくなりまう。

だからアナニー中に無意識に勃起する人は「勃起しないようにペニスへの意識を減らしてみよう」とか「勃起しなくなるまでアナル刺激を一旦やめて、アナニー中に勃起しないように意識してみよう」とかそういう楽しみ方もできます。

逆にアナニー中に勃起しない人は軽くペニスに触れるなどして勃起させてからアナニーをするのも、いつもと違った感覚で楽しめます。

勃起も非勃起もどちらも正解だし、どちらも楽しめばいいんですね。
ぜひ両方とも楽しめるように勃起をコントロールしようとしてみてください。

アナニーと勃起に関する記事もあわせて紹介します。
ぜひ続けて読んでみてくださいませ。

前立腺の勃起と「トコロテン」「男性型ドライオーガズム」にはどんな関係があるか?

2019年10月3日

前立腺マッサージは勃起する力がアップする【前立腺刺激のやり方も紹介します】

2019年6月28日

ドライオーガズム後の一日中アナルがうずく現象と、ペニスが勃起しなくなる現象への不安について(Q&A)

2016年6月22日

アナニー初心者のためのアナルオナニーのやり方まとめ

2019年2月7日
プロガスムを初心者でも挿入しやすいよう小さくしたモデル。小ぶりになったがプロガスム特有のアナルへの強烈な快感はそのまま。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です