アナニーをするなら体に負担が掛かることをしないこと。「からだにやさしく」を第一に考えて欲しい

アネドラ
アネドラ(@ene_dry)です。
今日は「からだにやさしく」の話です。
アダルトサイトで名前を挙げるのは失礼かもしれませんが、糸井重里さんの「やさしく、つよく、おもしろく」をモチーフにしています。


このサイト「アネドラ」をはじめるときにまず決めたのが「体に悪いことはしない」ということでした。

どんなに気持ちよくても体に悪いことをしては何にもならないというのがぼくの考えです。

そんな中、糸井重里さんの「やさしく、つよく、おもしろく」という言葉を見てすごくしっくりきて、うちのサイトで言うと「やさしく、エロく、きもちよく」だなって思ったのです。

「やさしく、つよく、おもしろく」とは

すいません、ほぼ日の経営
「やさしく、つよく、おもしろく」

は、糸井重里さんが運営されているほぼ日の行動指針の言葉です。

まず「やさしく」があって、人に優しいとか誰かのためになることを第一にしています。

そして次に「つよく」が来るんですけど、優しくても強くなくては行動できないし、強さが無いと商業的に継続できないっていう意味もあるとぼくは解釈しています。

その上で「おもしろく」があるんですけど「やさしく」と「つよく」がベースになった上での「おもしろく」であるという考えです。

この順番も大事にして行動指針になっているそうです。

ぼくが思いついた「やさしく、エロく、きもちよく」

「やさしく」は体にやさしいという意味です。

つまり体調を崩したり、気持ちよくても体に悪いことはするべきではないという考えです。

次に「エロく」なんですが、このサイトの主題のアナニーやドライオーガズムってやり方とか理論を追いかけすぎると不思議なことに「エロいことをしている」っていう認識を忘れるんですよ。

そしてその2つがあって最後に「きもちよく」がくるという流れです。

ぼくが大切にしていることは「からだにやさしく」

糸井重里さんの「やさしく、つよく、おもしろく」をモチーフにしましたが、一番言いたいことは

「“からだにやさしく”を大事にしよう」

ということです。

アナルって内臓だから無茶をするとすぐに怪我をしてしまうし、アナル洗浄にしてもやり方を間違えると体調不良に繋がってしまいます。

でもエロいことをしようとする人間の行動力ってものすごくて少々体に悪いことでもそのまま突っ走ってやっちゃうケースって本当に多いんですよ。

アネロスヒリックス

このサイト「アネドラ」ではアネロスという道具をお勧めしているんですが、このアネロスはお医者様が作られた医療目的の前立腺マッサージを一人でもできるようにしたものなんですね。
なので見た目はアダルトグッズっぽさがないんですけど安全に使える道具で、なおかつ挿入しやすくて前立腺マッサージもしやすいです。

特に安全面ってアナニー初心者にとっては一番ありがたいんじゃないでしょうか。

アナニー、ドライオーガズム、メスイキって言葉の知名度が上がっているのもあってアダルトサイトや雑誌で取り上げられることが増えてきました。

数ある情報の中でも、これからもこのサイトでは「からだにやさしく」を大事にして今後も情報を配信し続けたいと思います。

仙台回春堂の紫-ゆかり-さんが目指す低刺激、高品質、健康的な前立腺ドライオーガズム

この記事は紫さんのこのツイートも参考にさせて頂いてます。
アナルは繊細。
だからこそ健康的なことを意識するべきだとぼくも思いますし、これからも肝に銘じないといけないなと思います。

アナニーと体についてはこの記事もぜひ参考にしてください。

日本人はアネロスでドライオーガズムを誘発しやすい。その理由を日本性科学会会員アネロスジャパン櫻井社長にお聞きしました

2018年10月14日

前立腺マッサージ器具「アネロス」とドライオーガズムについて

2018年4月15日

アネロスとは?【初心者向けにアネロスでドライオーガズム、メスイキするやり方を紹介】

2019年6月16日
2018年新作。サイズは大きいが凹凸が少なく、圧迫感とスムーズな動きを楽しめる。アナル内での存在感を楽しみたい方に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です